« JR東海、リニア中間駅のイメージを発表 | Main | 高速道路、割引制度は2014年度も縮小して継続へ、料金体系簡素化 »

営業中の電車が線路を点検

 JR東日本は、技術革新の一環としてICTを活用した業務革新を目指して研究開発を進めています。そのひとつとして、「線路設備モニタリング装置」の開発を進めています。さらなる安全・安定輸送の確保を目指すものです。これまで在来線の線路設備の点検は、担当者が歩いて巡視するほか、専用車で年4回検査しています。しかし、「線路設備モニタリング装置」を営業用車両に搭載すれば、高頻度(毎日)に線路状態の変化を把握することができます。労力も費用も大幅に減らすことができます。このたび、京浜東北線を走るE233系1編成に「線路設備モニタリング装置」を搭載し、機器の性能及び取得データに関する検証を行います。

 「線路モニタリング装置」は、「軌道材料モニタリング装置」と「軌道変位検測装置」からなっています。「軌道材料モニタリング装置」は、カメラによりレール締結装置等を撮影し、その画像を解析することにより、レール締結装置の状態等を抽出する仕組みとなっています。測定データは車両基地留置中に随時取得します。「軌道変位検測装置」は加速度計とレーザーセンサーにより線路状態の変化を測定します。測定データは定期的に通信回線により伝送します。

 走行試験は5月から2015年3月にかけて、京浜東北線大宮-大船間で行われます。検測時にはLED照明をあてるとともに、レーザー光を出します。この走行試験により、営業列車における機器の耐久性、検測データの精度確認等を行います。実用化については試験結果を踏まえて検討を進めていきます。
(参考:JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2013/20130502.pdf、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130508-OYT1T01095.htm)

|

« JR東海、リニア中間駅のイメージを発表 | Main | 高速道路、割引制度は2014年度も縮小して継続へ、料金体系簡素化 »

JR東日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/57368926

Listed below are links to weblogs that reference 営業中の電車が線路を点検:

» JR東日本、「線路設備モニタリング装置」の京浜東北線営業列車による走行試験を実施 [kqtrain.net(京浜急行)]
 「線路設備モニタリング装置」京浜東北線営業列車による走行試験について [PDF/194KB]|JR東日本:プレスリリース [Read More]

Tracked on 2013.05.14 at 05:50 PM

« JR東海、リニア中間駅のイメージを発表 | Main | 高速道路、割引制度は2014年度も縮小して継続へ、料金体系簡素化 »