« 大阪市営地下鉄今里筋線延伸計画復活か? | Main | 在来線のスピードでは太刀打ちできない »

興福寺の監修した駅弁

 東海道新幹線での車内販売などを行っている、ジェイアール東海パッセンジャーズ。そのジェイアール東海パッセンジャーズがあるところと組んで、弁当を販売しています。

 その相手は、奈良の興福寺。今年の春、興福寺は、南円堂創建1200年を記念して、北円堂とあわせて、通常非公開の国宝を特別公開します。そこで、興福寺が監修した弁当、「心」(こころ)を発売します。

 弁当には題字である「心」の字が書かれています。この字は、興福寺貫首である多川俊英氏が揮毫したものです。中身は肉・魚は一切使わず、野菜や豆腐などがおかずです。かば焼きらしいものもありますが、豆腐に海苔を貼り合わせたものです。お品書きの裏面には、「興福寺国宝特別公開2013」で限定記念品と交換することができる引換券もついています。再建中の中金堂の貴重な木材を使用した「根付け」と「にほひ袋」のいずれかと交換することができます。

 販売期間は4月3日から6月上旬(予定)、東海道新幹線車内及び「のぞみ」停車駅のジェイアール東海パッセンジャーズ売店で発売します(一部取り扱いのない列車、売店もあります)。販売価格は900円、「心」と一緒にお茶(「東海道お茶じまん」または「静岡茶(500ミリリットル)」、150円)を買えば、お茶が100円に値引きされます。
(参考:ジェイアール東海パッセンジャーズホームページ http://www.jr-cp.co.jp/corporate/press_details.php?news_no=191&MANAGER_SESSID=)

|

« 大阪市営地下鉄今里筋線延伸計画復活か? | Main | 在来線のスピードでは太刀打ちできない »

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 興福寺の監修した駅弁:

« 大阪市営地下鉄今里筋線延伸計画復活か? | Main | 在来線のスピードでは太刀打ちできない »