« JR九州など、「B&Sみやざき早特往復きっぷ」発売 | Main | 世界遺産で富士山登山鉄道再浮上 »

東急東横線祐天寺駅に通過線設置へ

 このたび、東急から2013年度の鉄軌道事業設備投資計画が発表されました。

 今年度の設備投資金額は総額488億円、そのうち安全対策とサービス向上の取り組みに368億円を投資します。駅・高架橋・トンネルなどの耐震補強工事を進めるとともに、東横線中目黒駅・学芸大学駅にホームドアを設置します。残る1駅(下神明駅)のバリアフリールート確保に向けた改良工事を行うとともに、東横線の車両18両を節電や環境に配慮した新型車両5000系に更新します。また、駅構内照明のLED化を進めます。

 注目したいのは、輸送力増強に投資する120億円。東京メトロ副都心線との相互直通運転を開始したことにより不要になった東横線旧渋谷駅、渋谷高架橋の撤去を行います。そしてもうひとつは、祐天寺駅に特急等の通過線を設置します。東横線の優等列車はかつては停車駅の多い急行しかなく、待避設備のある駅は自由が丘、元住吉、菊名しかありません。その東横線に待避設備を追加するのです。

 その祐天寺駅の通過線追加後の姿はどうなるのでしょうか? どうやら、上下線の間に特急等が通過することのできる線路を設けるようです。2面3線の構造です。渋谷方面の本線が通過線となり、渋谷方面の各駅停車は副本線に入って停車します。横浜方面の本線はホームに面しており、基本的には追い越しには想定していませんが、特急等が渋谷方面の本線に入ることにより、各駅停車を追い越すことができます(ただし、ポイントを渡る必要があるため、通過時には減速を余儀なくされます)。ですから、今回追加される通過線は、渋谷方面の特急等がもっぱら使うものとなり、夕方のラッシュ時など時間帯を限定して横浜方面の追い越しをすると思われます。

 なお、祐天寺駅の通過線完成時期は、2016年度のようです。
(参考:東急ホームページ http://www.tokyu.co.jp/contents_index/guide/pdf/130515-1.pdf、祐天寺インフォメーション http://me-shop.ne.jp/you/)

|

« JR九州など、「B&Sみやざき早特往復きっぷ」発売 | Main | 世界遺産で富士山登山鉄道再浮上 »

鉄道」カテゴリの記事

東急」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東急東横線祐天寺駅に通過線設置へ:

» 東急、2013(平成25)年度鉄軌道事業設備投資計画公表 [kqtrain.net(京浜急行)]
 2013年度の鉄軌道事業設備投資計画 駅・高架橋の耐震補強やホームドア設置など、総額488億円(2013/5/15)|ニュースリース|東急電鉄  (本件・別紙のPDFファイル(52Kb))2013年度の鉄軌道事業設備投資計画 駅・高架橋の耐震補強やホームドア設置など、総額488億円(2013/5/15)|ニュースリース|東急電鉄... [Read More]

Tracked on 2013.05.21 03:45 PM

« JR九州など、「B&Sみやざき早特往復きっぷ」発売 | Main | 世界遺産で富士山登山鉄道再浮上 »