« 北陸新幹線の乗務員は長野で交代 | Main | 奈良線複線化事業、合意へ »

「青春18きっぷ」で関釜フェリーが半額

 下関と釜山とを結ぶ関釜フェリー。その関釜フェリーで「青春18きっぷ」を提示すると、フェリーが半額になるキャンペーン(「『青春18きっぷ旅』大応援キャンペーン)を行います。

 割引の対象となるのは、下関から釜山までの片道。往復同時に切符を購入すれば、帰りの釜山→下関も対象になります。2等旅客運賃が半額の4500円になります(小児割引、往復割引、学生割引などほかの割引との重複適用はできません)。特等船室や1等船室を利用する際は差額の支払いが必要です。

 事前に電話での予約が必要で、そのときに「青春18きっぷ旅大応援割引」を使うことを申し出る必要があります。そして乗船当日、下関港チェックイン時に、「青春18きっぷ」(2013年7月20日から9月10日に有効なものに限ります)を提示したうえ、事前にホームページ( http://www.kampuferry.co.jp/pdf/18kippu.pdf )からプリントアウトしたキャンペーンアンケート欄(兼割引申請書)を提出します。1枚の「青春18きっぷ」で5人まで割引対象となります。割引が使えるのは、下関港関釜フェリー窓口で乗船券を購入した場合に限ります。乗船券は現金でもクレジットカードでも購入できますが、港湾施設利用料、燃油サーチャージは別途現金での支払いが必要です。下関港7月20日から9月10日までの出発便に限り割引の対象になります(往復利用の際は、釜山港発9月20日まで適用)。ただし、下関港発8月13日、釜山港発8月14、15日は割引の対象外です。

 関釜フェリーは往復ともに夜行です。平日ダイヤの場合、大阪6:52発の電車に乗り、何回か乗り継げば下関には16:51着。下関港(国際フェリーターミナル)は下関駅東口から徒歩7分ですので、18時のチェックインに間に合います。下関を19時に出航したフェリーは、釜山に翌朝8時に到着。反対は、釜山20時発(チェックインは18時まで)で下関に翌朝7:45着です。往復フェリー泊の、弾丸ツアーも可能なのです。気軽に海外旅行を楽しむことができるのです。

 もちろん、列車が遅れたからと言って、フェリーの出発を待ってくれるわけではありません。また、急ぐために新幹線等を使っても、関釜フェリー側が支払ってくれるわけでもなく、利用者の負担となります。当たり前のことですが、注意しなければならない点です。
(参考:関釜フェリーホームページ http://www.kampuferry.co.jp/passenger/kampu/train18.html)

|

« 北陸新幹線の乗務員は長野で交代 | Main | 奈良線複線化事業、合意へ »

JRグループ全体」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

おもしろいことを考えましたね。大阪からプサンまで6800円で行けることになります。

関空からプサンまでLCCでどれぐらいかかっているのかわかりませんが、空を飛ぶにしても地べたを這うにしても、以前と比べて旅行代金が安くなっていることは間違いないですね。

Posted by: OSA | 2013.06.25 at 11:12 PM

 OSA さん、おはようございます。

* おもしろいことを考えましたね。大阪からプサンまで

 その通りです。ひたすら電車と船に乗り続けたら、ちょうど6800円で大阪から釜山まで行くことができるのです。

* 空を飛ぶにしても地べたを這うにしても、

 それは言えるでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2013.06.26 at 05:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/57642524

Listed below are links to weblogs that reference 「青春18きっぷ」で関釜フェリーが半額:

» 関釜フェリー、JRグループ「青春18きっぷ」利用者対象の割引キャンペーンを実施。下関・釜山間が4,500円(2等)に [阪和線の沿線から]
もはや説明する必要が無いような気もする「青春18きっぷ」ですが、念のため説明しておきますと、春・夏・冬休みを中心とした季節に発売される、JRグループ各線の快速・普通列車自由 ... [Read More]

Tracked on 2013.06.25 at 11:12 PM

« 北陸新幹線の乗務員は長野で交代 | Main | 奈良線複線化事業、合意へ »