« 山田線盛岡-上米内間、社会実験で増発 | Main | 江差線でお座敷列車の普通列車を運転 »

気仙沼線、大船渡線のBRT、専用道を拡大へ&大船渡線BRTの利用状況

 JR東日本は気仙沼線柳津-気仙沼間及び大船渡線気仙沼-盛間にBRTを運行しています。ただ、線路跡を使った専用道区間は徐々に伸びつつあるとはいえ、それほど多くはありません。気仙沼線で20%程度、大船渡線では7%程度です。

 しかし、両線とも専用道区間を増やすようです。気仙沼線で年内に40%まで整備するほか、大船渡線は夏までに30%程度に拡大するようです。専用道の整備によりBRTと鉄道との所要時間の差を縮め、利便性の向上を図るのが狙いです。

 話は変わりますが、3月にBRTでの運行を行った大船渡線の利用状況が明らかとなりました。陸前高田市議会6月定例会でそれは明らかになったのですが、JR東日本が4月に調査した利用状況が判明したのです。

 JR東日本が4月に調査した内容によれば、平日の利用者は約560人で、1便当たりでは9人。休日の利用者は約330人で、1便当たりでは5人です。また、陸前高田駅は市役所前に移されましたが、週3日営業する「みどりの窓口」は市役所駐車場内にあります。1日約20人の利用者がいるようです。
(参考:日刊工業新聞ホームページ http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1120130606caap.html、東海新報社ホームページ http://www.tohkaishimpo.com/scripts/index_main.cgi?mode=kiji_zoom&cd=nws8751)

|

« 山田線盛岡-上米内間、社会実験で増発 | Main | 江差線でお座敷列車の普通列車を運転 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 気仙沼線、大船渡線のBRT、専用道を拡大へ&大船渡線BRTの利用状況:

« 山田線盛岡-上米内間、社会実験で増発 | Main | 江差線でお座敷列車の普通列車を運転 »