« 北九州モノレールで「SUGOCA」が利用可能に | Main | 松田町、「松田町あんしんグーパスIC」を無料で提供&「小田急電車ドリル」 »

一畑電車に旧京王車のイベント車両

 京王や南海の車両が走っていることでも知られる、一畑電車。その一畑電車に、イベント車両が加わることになりました。

 新たに加わることになったイベント車両は、1995年に京王から購入した2100系を改造したもの。1編成2両を改造しました。片側の座席を従来のロングシートから窓を向いて固定することもできる二人掛けソファー型シート(回転クロスシート)に変更します。窓側には、固定式テーブルも付いています。宍道湖などの風景を車窓から楽しむことができるのです。もう片側はロングシートのままですが、折りたたみ式テーブルを新設します。この折りたたみテーブルは定期列車運行時には取り外し可能です。運転席背面には可動式サービスカウンターを設置します。助士席背面には高床式二人掛けクロスシートを設置し、全面展望を楽しむことができます。これにより、定員が減少し、これまでの座席定員56人、立席定員70人の合計126人から、座席定員42人、立席定員60人の合計102人となります。外観は白色基調で一部オレンジ色を配しました。

 8月10日は完成記念特別運行も行います。松江しんじ湖温泉9:55発、出雲大社前11:09着の1便と、出雲大社前13:05発、松江しんじ湖温泉14:01着の2便があります。各便とも定員42人(1両分の座席定員と同じ)の予約制で、座席も指定されています。料金は大人2000円、子供1300円ですが、1日フリー乗車券と記念乗車証が料金に含まれています。申し込みは一畑電車運輸部営業課(0853-62-3383)に電話することで行います。そのときに希望する座席を伝えます。当然ながら座席は先着順で決まります。

(追記)
 このイベント列車は、「IZUMO-BATADEN楯縫号」と名付けられました。楯縫とは、出雲市平田付近に存在し、出雲風土記にも名前が出ている「楯縫郡」にちなんだものです。
(参考:一畑電車ホームページ http://www.ichibata.co.jp/railway/newsrelease/2013/07/post-40.html、http://www.ichibata.co.jp/railway/topics/2013/07/post-180.html、「鉄道ジャーナル」2014年1月号 鉄道ジャーナル社)

|

« 北九州モノレールで「SUGOCA」が利用可能に | Main | 松田町、「松田町あんしんグーパスIC」を無料で提供&「小田急電車ドリル」 »

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/57827069

Listed below are links to weblogs that reference 一畑電車に旧京王車のイベント車両:

» 一畑電車、2100系(もと京王電鉄5000系)の2両編成1本(2103・2113号)をイベント車両に改造 [kqtrain.net(京浜急行)]
 イベント車両完成のお知らせ|ニュースリリース|ばたでん【いちばたでんしゃ】 [Read More]

Tracked on 2013.08.01 at 09:11 AM

« 北九州モノレールで「SUGOCA」が利用可能に | Main | 松田町、「松田町あんしんグーパスIC」を無料で提供&「小田急電車ドリル」 »