« 長野県知事、「北陸新幹線でいい」と発言か? | Main | 弘南鉄道大鰐線、廃止方針を撤回 »

アメリカから中国までたったの2時間?

 ロサンゼルスからニューヨークまでたったの45分、アメリカから中国までたったの2時間で結ぶ、新しい交通システムを考えている人がいます。

 その人はSpaceX(宇宙輸送(商業軌道輸送サービス)業)やテスラモータース(電気自動車製造業)のCEOを務める起業家であるイーロン・マスク氏です。マスク氏は7月15日のツイッターで、新しい交通システム「Hyperloop」の暫定デザインを8月12日までに発表するということを明らかにしました。この「Hyperloop」がアメリカと中国をたった2時間で結ぶのです。

 この「Hyperloop」がどういうものかは明らかになっていませんが、どうやらアメリカなどのドライブスルー銀行でお金が窓口係に吸い寄せられるような旧来型の気送管(エアシューター)に似ていると推測されています。なお、気送管とは、圧縮空気もしくは真空圧を利用して、管で電報などを輸送する手段です。欧米では19世紀後半から利用されています。この気送管を使って輸送を行うというアイデアも古くからあるようで、突飛過ぎるものでもないようです。真空管を設置し(地上、地中、海底のいずれにも設置可)、従来型の弾丸列車で使われる磁気浮上システムを組み合わせると、摩擦も、風の抵抗も、衝突の危険性もなく、かつ非常に速い交通機関ができるのです。また、「Hyperloop」の動力源はソーラー発電で消費エネルギーが少ないので、消費する以上の電気を発電する可能性もあるようです。ちなみに、マスク氏が新しい交通システムを構想するきっかけは、カリフォルニア州の新しい高速鉄道プロジェクト。700億ドルもかかる割には、遅いのです。

 マスク氏以外にも新しい交通システムを考えているところもあります。コロラドにあるET3社は、真空化チューブ内輸送機関(ETT)を開発しています。各方向に1本ずつのチューブと、重さ約180キロで乗用車サイズのカプセル(6人乗り)を用いて、リニアモーターで加速します。最高時速約6400キロのようです。中国でも2020~2030年の実用化を目指して、時速4000キロの「真空リニア」というものを考えているようです。これらのアイデアも、もともと1910年代の初めに浮上したもので、全くの新しいアイデアではないようです。

(追記)
 8月12日、イーロン・マスク氏はサンフランシスコとロサンゼルスを30分で結ぶ、「Hyperloop」についての新たな発表を行いました。

 「Hyperloop」は気圧を下げたチューブ内を、リニアモーターで推進されるカプセルが最高速度1220キロで空気により浮上走行するものです。旅客専用の28人乗りカプセルを運行する案と、自動車3台を搭載することができる客貨混載カプセルを運行する案(この場合、チューブは大きくなるようです)があります。エネルギーはチューブ上に設置されたソーラーパネルによる太陽光発電により行います。ピーク時には30秒間隔でカプセルを運行し、片道年間約740万人を輸送することができるようです。

 マスク氏によれば、「Hyperloop」は7~10年で実現することができるようです。ただ、デモ用試作機はこれからの段階で、まだつくっていないようです。マスク氏は忙しいので、誰かにつくってもらいたいようです。

 サンフランシスコとロサンゼルスを「Hyperloop」で結ぶのは、約60億ドルでできるようです(客貨両用タイプで約75億ドル)。高速鉄道プロジェクトの1/10以下でできます。しかも、高速鉄道プロジェクトは建設コストがさらに増え、1000億ドル以上になるとみています。「Hyperloop」は軽いので、鉄道のような巨大な構造物は必要とはされず、費用が安くなるのです。
(参考:日経ケンプラッツ http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/column/20130717/624177/、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/tech_science/cnet/CNT201308130017.html、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2013/08/14/204267.html)

|

« 長野県知事、「北陸新幹線でいい」と発言か? | Main | 弘南鉄道大鰐線、廃止方針を撤回 »

鉄道」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アメリカから中国までたったの2時間?:

« 長野県知事、「北陸新幹線でいい」と発言か? | Main | 弘南鉄道大鰐線、廃止方針を撤回 »