« JR北海道、特急の車両数や本数の削減を検討 | Main | 交通科学博物館、2014年4月閉館へ »

鉄道総研、超電導ケーブルを使った走行実験を24日に実施

 鉄道総合技術研究所(鉄道総研)は、JR各社の研究開発を担っています。その鉄道総研は24日の今日、超電導ケーブルを使って送電し、列車を走らせる世界初の実験をします。

 このような実験をするのは、通常の送電ケーブルだと抵抗によって熱が発生し、電気の約1割が失われてしまうため。ケーブルを超電導にすれば、電気抵抗がゼロになり、省エネを図ることができます。鉄道の電力消費量を5%ほど減らすことができるようです。

 計画では、数年後には実際の鉄道路線でも導入されます。
(参考:日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG2201F_S3A720C1TJM000/、http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG0501J_Y3A310C1MM0000/)

|

« JR北海道、特急の車両数や本数の削減を検討 | Main | 交通科学博物館、2014年4月閉館へ »

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/57845147

Listed below are links to weblogs that reference 鉄道総研、超電導ケーブルを使った走行実験を24日に実施:

« JR北海道、特急の車両数や本数の削減を検討 | Main | 交通科学博物館、2014年4月閉館へ »