« 万葉線にも「ICOCA」、富山-新湊間のシャトルバス、富山地鉄に新駅 | Main | 三陸鉄道、新車を増備か? »

白山麓の旅館等、観光バス会社を設立

 あと1年半余りとなった北陸新幹線金沢開業。新幹線で来た客をいかに引っ張ってくるかが課題です。

 白山市の中宮温泉旅館協同組合と市内の2旅館(中宮温泉のにしやま旅館、一里野温泉の一里野高原ホテルろあん)は、観光バス会社を設立しました。社名はホワイトリングです。2旅館の送迎バス2台をホワイトリングが買い取って運行します。今後、バスの運転手や管理者、旅行業の資格を持つ従業員を雇用します。

 旅館が地域への誘客を狙って観光バス会社を設立するのは珍しいことのようですが、この観光バス会社、観光庁が4月に創設した地域限定旅行業で登録するようです。8月中に石川県に申請し、登録されたら県内初のこととなるようです。

 地域限定観光業とは、地域密着型の旅行を促進するために観光庁が創設したものです。事業所がある市町村とそれに隣接する市町村に限ってツアーなどを企画できます。ホワイトリングのある白山市は、北陸3県と岐阜県の10市町村に隣接しています。この特徴を活かして観光業を行います。

 このホワイトリングが狙うのは、金沢から白山麓を通って、高山とを結ぶバスツアー。金沢-高山間には高速バスが運行されていますが、東海北陸道経由なので、白山麓は通りません。そこで、金沢駅、小松駅から白山麓、白山スーパー林道経由で白川郷や高山を訪れるバスツアーを10月にも始めます。白山麓の温泉に泊まり、白山比咩神社など白山市の名所などを巡るツアーを行い、白山麓に観光客を呼び込みます。
(参考:北國新聞ホームページ http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20130727101.htm)

|

« 万葉線にも「ICOCA」、富山-新湊間のシャトルバス、富山地鉄に新駅 | Main | 三陸鉄道、新車を増備か? »

旅行・地域」カテゴリの記事

北陸」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 白山麓の旅館等、観光バス会社を設立:

« 万葉線にも「ICOCA」、富山-新湊間のシャトルバス、富山地鉄に新駅 | Main | 三陸鉄道、新車を増備か? »