« 「スーパー早特きっぷ」等、2014年2~3月まで発売期間を延長 | Main | JR東日本、「はやぶさ」「スーパーこまち」に乗ることができる新幹線回数券を発売 »

「九州ネット早特7」で博多-熊本間2500円、博多-鹿児島中央間7500円

 前回の記事に引き続き、今回は、九州新幹線で完結する割引切符について説明します。

 JR九州には、乗車日の3日前23:00までに買えば安い料金で九州新幹線に乗ることができる、「九州ネット早特」という割引切符があります。この「九州ネット早特」がパワーアップします。7日前23:00までに買えばさらに安くなる、「九州ネット早特7」です(従来の「九州ネット早特」は9月1日より、「九州ネット早特3」となります)。

 「九州ネット早特7」は、「JR九州インターネット列車予約サービス」で購入するネット限定の切符です。駅の窓口等では購入できず、事前にネットで予約したものを引き換えるのみです。すべての九州新幹線(「みずほ」「さくら」「つばめ」)で利用できますが、このきっぷで利用できる席数には限りがあります。希望の新幹線に空席があっても、「九州ネット早特7」を予約できない場合があります。予約後の列車の変更はできず、払い戻すのみです。途中下車は前途無効です。

 「九州ネット早特7」の値段は、博多-熊本間が2500円(子供1240円)、福岡市内-鹿児島中央間が7500円(子供3250円)です。「九州ネット早特3」、「九州ネットきっぷ」、通常の運賃・通常期指定席料金はそれぞれ、博多-熊本間では3000円、3500円、4990円、福岡市内-鹿児島中央間では8500円、9000円、10170円なので、1週間前までに購入しないといけないとはいえ、特に博多-熊本間の安さが目立ちます。なお発売期間は9月1日から2014年3月31日まで(利用開始日の1か月前から7日前(23:00)まで発売します)、利用期間は10月1日から2014年4月7日までです。

 出発の3日前までに購入すれば福岡市内-鹿児島中央間が片道あたり7500円となる、「早特往復きっぷ」についても発売期間が2014年3月31日まで(かえりの1か月前からゆきの3日前まで発売します)、利用期間が2014年4月3日出発分まで延長されます。合わせて、「早特往復きっぷ」に福岡市内-熊本間の設定もできます。往復で5000円、片道あたりでは2500円です。熊本-水前寺間または熊本-上熊本間は快速・普通列車に乗車することができます。福岡市内-熊本間の「早特往復きっぷ」は10月1日出発分から発売します。9月1日発売開始です。

 「早特往復きっぷ」の特徴として、利用できる列車に制約があることが挙げられますが、鹿児島中央行きが12本、博多行きが13本しかない(しかも利用できない時間帯も結構あります)博多-鹿児島中央間と違って、博多-熊本間は6時台から23時台までほぼ1時間に2本は対象となります。席数に限りがあることは福岡市内-鹿児島中央間のものと同じとはいえ、本数が多い分福岡市内-熊本間のほうが枠は広そうです。

 「つばめ」限定とはいえ、博多-熊本間に格安で乗ることができる「ビックリつばめ2枚きっぷ」も発売期間が2014年3月31日まで(利用日の1か月前から前日まで発売します)、利用期間が2014年4月1日まで延長されます。
(参考:JR九州ホームページ http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/GeneralFrameset?OpenFrameSet)

|

« 「スーパー早特きっぷ」等、2014年2~3月まで発売期間を延長 | Main | JR東日本、「はやぶさ」「スーパーこまち」に乗ることができる新幹線回数券を発売 »

JR九州」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/58055464

Listed below are links to weblogs that reference 「九州ネット早特7」で博多-熊本間2500円、博多-鹿児島中央間7500円:

« 「スーパー早特きっぷ」等、2014年2~3月まで発売期間を延長 | Main | JR東日本、「はやぶさ」「スーパーこまち」に乗ることができる新幹線回数券を発売 »