« 阿蘇の「ななつ星in九州」レストランは一般客も利用可能 | Main | 谷町線30系引退運転で、谷町線、中央線直通運転 »

小木直江津航路に双胴船就航へ、東京・大宮から佐渡汽船ターミナルまで直行バス

 佐渡汽船は、小木港と直江津港とを結ぶ小木直江津航路に、双胴船を就航させる予定です。

 もともとこの航路には2015年夏に三胴船を就航させる予定でした。それが双胴船に変更になったため、就航スケジュールが早まり、2015年春の北陸新幹線開業に間に合うようになったのです。小木直江津航路は関西からの佐渡観光にも使われるルートですが、北陸新幹線と双胴船の効果でスピードアップを図ることができると思われます。

 佐渡汽船に関連する話として、ついでにもうひとつ触れておきます。8月1日から、東京・大宮から佐渡汽船ターミナルに直行するバスが運行されたのです。新潟交通、西武バスが運行します。

 従来から運行されている東京-新潟間の高速バス(こちらも新潟交通、西武バスが運行。1日16往復、池袋駅東口-万代シティバスセンター間の昼行14往復、新宿駅西口-万代シティバスセンター間の夜行2往復)とは違い、この直行バスは、1日2往復。昼行と夜行が1往復ずつです。大宮駅西口・長岡駅東口にも停まります。新潟駅前、万代シティバスセンターに停まるのは従来のバスと同じです(ちなみに、8月1日から、従来からあるバスの新潟市内のルートが変わり、一般道区間は新潟駅前、万代シティバスセンターにしか停まりません)。昼行の池袋駅東口-万代シティバスセンター間の所要時間で比較すると、従来からあるのは5時間17分、新しくできるのは5時間24~25分です。

 運賃についても、従来からあるバス(8月1日から変更)、佐渡汽船ターミナルまで行く新しいバスともに、乗車日、便ごとに運賃が変わります。東京都内-新潟駅前、万代シティバスセンター、佐渡汽船ターミナル間の運賃は3000~6000円です。10月までの運賃を見る限り、昼行よりも夜行のほうが高く、休前日・休日の夜行便の運賃は2番目に高いA運賃(東京-新潟間5500円)が並んでいます。10月までの間は、お盆の間も含めて、一番高いS運賃を設定している便はありません。なお、子供は半額ですが、往復割引はありません。

(追記)
 小木直江津航路に就航する高速カーフェリーは、2015年4月21日運行開始です。
(参考:朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/area/niigata/articles/TKY201308220306.html、新潟交通ホームページ http://www.niigata-kotsu.co.jp/new/130618_tokyo.pdf、http://www.niigata-kotsu.co.jp/new/130618_omiya.pdf、佐渡汽船ホームページ http://www.sadokisen.com/info/?cd=197)

|

« 阿蘇の「ななつ星in九州」レストランは一般客も利用可能 | Main | 谷町線30系引退運転で、谷町線、中央線直通運転 »

」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小木直江津航路に双胴船就航へ、東京・大宮から佐渡汽船ターミナルまで直行バス:

« 阿蘇の「ななつ星in九州」レストランは一般客も利用可能 | Main | 谷町線30系引退運転で、谷町線、中央線直通運転 »