« 10月26日ダイヤ改正で「りんかん」「天空」増発 | Main | 北近畿タンゴ鉄道、観光車両追加へ »

中央線、2016年以降に新型特急

 1年前にも同じような記事は書きましたが、JR東日本が新宿-松本間などを走る「スーパーあずさ」「あずさ」「かいじ」に、乗り心地を改善した新型特急を2016年以降に導入する方針であることが明らかになりました。

 乗り心地の改善方法はと言えば、E6系「スーパーこまち」などで活用した先端技術を採用し、カーブにを高速で通過する際に車体下部にある「空気ばね」によって車体を緩やかに傾けるもの。振り子式であることには変わりありませんが、E351系のような本格的なものではないようです。各座席にコンセントを設け、無線LANで高速インターネットに接続できるようにする計画です。ビジネス客に使いやすいようにするのです。これによって高速バスに対する競争力を高めるようです。

 さて、現在中央線を走っている特急はどうなるのでしょうか? 「スーパーあずさ」で使っているE351系は臨時列車などで使われるようです。こうなると(事前にどこで作動させるか調整が必要な)振り子機能は使われないことになるのでしょう。保守に手を焼くこともなくなります。「あずさ」「かいじ」のE257系は東京と伊豆急下田、修善寺とを結ぶ「踊り子」に転用するとの話もあります。以前の記事とは違う話です。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/select/news/20130916k0000e020205000c.html、Sponichi Annex http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/09/16/kiji/K20130916006628560.html)

|

« 10月26日ダイヤ改正で「りんかん」「天空」増発 | Main | 北近畿タンゴ鉄道、観光車両追加へ »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中央線、2016年以降に新型特急:

« 10月26日ダイヤ改正で「りんかん」「天空」増発 | Main | 北近畿タンゴ鉄道、観光車両追加へ »