« 「中山道トレイン」、今年の秋は371系で運転 | Main | JR北海道11月の減速&減便のダイヤ改正(続報)、根室線に新車両か? »

「ひかり早特きっぷ」等廃止、名古屋-新大阪間の「ひかり・こだま自由席用早特きっぷ」は往復タイプに

 JR東海は、新幹線回数券などの特別企画乗車券について、利用の少ない商品・区間の発売を終了するとともに、一部の商品のリニューアルを行います。

 2013年10月31日利用開始分をもって発売を終了するのは、「ひかり早特きっぷ」(グリーン車用、普通車指定席用)、「のぞみJ回数券」(グリーン車用、普通車指定席用)、「新幹線熱海温泉割引きっぷ」、「沼津・静岡 新幹線きっぷ」、「こだま&伊豆フリーきっぷ」、「こだま&鎌倉・江ノ島フリーきっぷ」、「こだま&箱根フリーきっぷ」、「伊豆フリーQきっぷ」の8種類です。以前から発売されていたものから「こんなものあったのか?」と言いたくなるようなものまであります。同じ10月31日利用開始分をもって一部区間の発売を終了するのは、「新幹線回数券」(グリーン車用、普通車指定席用、普通車自由席用)、「岐阜新幹線スーパー回数券」、「こだま号専用グリーン回数券」、「ひかり・こだまグリーン回数券」、「ひかり・こだま自由席回数券」、「東京ひかり・こだま自由席回数券」、「新幹線自由席回数特別急行券」(代替商品は「TOICA定期券」です)の7種類95区間です。なお、10月31日までに買えば、有効期間終了日まで使えます。

 11月1日利用開始分からリニューアルされるのが、「ひかり・こだま自由席用早特きっぷ」。「ひかり・こだま自由席用早特きっぷ」は10月31日利用開始分(10月24日発売分)までとなり、11月1日からは「新幹線自由席用早特往復きっぷ」となります(前売り開始は10月1日から)。名古屋市内-大阪市内のみの設定で、「のぞみ」「ひかり」「こだま」の普通車自由席に乗ることができます(名古屋市内、大阪市内を除いて、在来線には乗車できません)。これまでの片道タイプから往復タイプ(3日間有効)になり、値段は8900円となります(片道あたりにすると4450円)。子供用の設定はありません。乗車日の1週間前まで発売し(「新幹線自由席用早特往復きっぷ」の場合は、ゆき乗車日の1週間前まで)、販売席数に制限があることは従来と変わりありません。「ゆき」の乗車日の変更はできず、途中下車はできません。名古屋地区及び大阪地区のJRの主な駅・主な旅行会社の支店・営業所で販売します。簡単にまとめると、「のぞみ」に乗ることができる代わりに、片道だけの利用ができず、値段が若干上がるということになります。

 余談ですが、1週間ほど前に(間もなく廃止もしくは大幅リニューアルされる)「ひかり早特きっぷ」、「ひかり・こだま自由席用早特きっぷ」を使って旅行に出かけました。近いうちに記事にしたいと思っています。
(参考:JR東海ホームページ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000019547.pdf)

|

« 「中山道トレイン」、今年の秋は371系で運転 | Main | JR北海道11月の減速&減便のダイヤ改正(続報)、根室線に新車両か? »

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ひかり早特きっぷ」等廃止、名古屋-新大阪間の「ひかり・こだま自由席用早特きっぷ」は往復タイプに:

» この秋で「ひかり早特」発売終了 [がんばりません]
少し古い話しですが、JR東海のホームページにこのような記事(PDFです)が出ています。 平成25年10月31日(木)ご利用開始分をもって、8 商品の発売を終了します。 [Read More]

Tracked on 2013.09.30 10:32 PM

« 「中山道トレイン」、今年の秋は371系で運転 | Main | JR北海道11月の減速&減便のダイヤ改正(続報)、根室線に新車両か? »