« 三岐バス、山城-イオンモール東員-東員間に新規路線開設 | Main | 香里園地区から醍醐寺へのバス »

JAL機内でインターネット

 JALは国内線の機内インテリアを全面的に更新します。ポイントは4つあります。

 「クラスJ」や普通席のシートカバーにも、高級車などのシートに採用されている本革を使うことになります。国内線機材のすべての座席を本革使用の上質感のあるシートに切り替えます。カーペットもリニューアルします。普通席についてはシートのスリム化を図り、足元スペースを現行から最大5センチ拡大します。クッション形式の工夫により、座ったときの安定感が向上します。座席が軽くなり、消費燃料の軽減にもつながります。

 2014年5月から、国内線ボーイング777-200/300型機など77機について、機内照明のLED化を行う予定です。フライト中の時間や季節に応じた機内照明を行います。

 現在、ボーイング777-200型機で提供している国内線ファーストクラスを、ボーイング767-300ER型機にも導入します。座席配列は2-1-2と、横5列しかありません。横には各座席のプライバシーに対応するため、大きなセンターディバイダーを導入しています。シートバックから前方の壁までの距離は約135センチとなります。

 そして最後に紹介するのは、機内インターネットサービス。機内でもインターネットを使いたいという要望にこたえるため、2014年夏から、国内線ボーイング777-200/300型機、国内線ボーイング767-300/300ER型機、国内線ボーイング737-800型機についてアメリカgogo社の衛星接続サービスを利用した、日本の国内線で初めての機内インターネットサービス(有料)を開始します。利用者の各種端末(Wi-Fi機能装備)からメールの利用やインターネットの閲覧ができるようになります。ちなみに、gogo社は、2000年に地上波を利用した機内インターネットサービスを開始した実績のある会社です。現在、6000機でサービスを提供しています。

 これら新サービスについては、2014年1月下旬に詳細がアナウンスされます。
(参考:JALホームページ http://www.jal.co.jp/inflight/dom/new_seat/)

|

« 三岐バス、山城-イオンモール東員-東員間に新規路線開設 | Main | 香里園地区から醍醐寺へのバス »

飛行機、空港」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JAL機内でインターネット:

« 三岐バス、山城-イオンモール東員-東員間に新規路線開設 | Main | 香里園地区から醍醐寺へのバス »