« 「指宿のたまて箱」、指宿-枕崎間を臨時運転か? | Main | 東海地区のICカード普及状況 »

スターバックスの食堂車、スイスに登場

 スイス国鉄は11月21日からスターバックスの食堂車をオープンさせます。9か月間、ジュネーブ空港-ジュネーブ-ベルン-チューリヒ-ザンクトガレン間で1日2往復します。

 スターバックスの食堂車は、スイス国鉄の国内都市間特急(インターシティ)用として使われている2階建て客車の食堂車を改装したものです。インテリアはスターバックスのイメージに合わせてリニューアルされました。1階はコーヒーの販売コーナーと窓側を向いたカウンター席、2階はソファータイプの座席を配置しています。2階合わせて50席あります。側面にはスターバックスのロゴマークと文字をデザインしています。インターシティの1等車と2等車の間に挟まれて走ります。

 スターバックスの食堂車は2014年の春には2両目もでき、同じくジュネーブ空港-ザンクトガレン間を走ります。9か月間の試験運行の後は、本格的に運行するか、どの路線に投入するかを決定します。

 スターバックスの食堂車には意外なイメージがしますが、スイス国鉄は1990年代、マクドナルドの食堂車が運行されていたという「実績」があります。今回はどうなるのでしょうか?
(参考:レスポンスホームページ http://response.jp/article/2013/11/16/210840.html)

|

« 「指宿のたまて箱」、指宿-枕崎間を臨時運転か? | Main | 東海地区のICカード普及状況 »

鉄道」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スターバックスの食堂車、スイスに登場:

« 「指宿のたまて箱」、指宿-枕崎間を臨時運転か? | Main | 東海地区のICカード普及状況 »