« リニアの体験乗車が個人でもできる | Main | 十和田湖観光汽船、経営再建を断念、破産へ »

東京メトロ方南町支線、2016年度に直通運転開始へ

 東京メトロの丸ノ内線には、方南町支線と呼ばれる支線があります。中野坂上と方南町とを結びます。この方南町支線の終点、方南町のホームは短く、3両編成の列車しか停まることができません。そのため、方南町支線は基本的には中野坂上-方南町間を3両編成の列車が行ったり来たりしています。

 ところが、ホームが短いのは終点の方南町のみ。ひとつ新宿寄りの中野富士見町までのホームはすでに6両編成に対応しています。中野富士見町に車庫があり、本線(池袋-新宿-荻窪間)の車両が出入りするからです。中野富士見町までは本線からの直通列車も走っています。

 つまり、方南町ただひと駅さえ改良すれば、全線で6両編成の電車が走ることができるわけです。本線から方南町まで直通列車が走ることもできます。すでに今月から方南町駅のホーム延伸工事を行っていて、西側に約18メートル伸ばします。2016年度にホーム延伸工事が完成した後は、丸ノ内線のダイヤが大幅に見直されます。現在、本線には3本に1本の割合で池袋-新宿間の区間運転の列車がありますが、これを方南町まで直通させるようです。本線でも、西新宿や中野坂上の本数は増えます。今のダイヤだと池袋-新宿間の区間運転の列車は日中、12分に1本の割合で運転されますので、それが続いたとした場合、12分に1本、池袋-新宿-方南町間の列車が走ります。もちろん、これでは地下鉄としては少なすぎるので、中野坂上-方南町間の区間運転が依然として残ると見てよいでしょう。

(追記)
 早朝や深夜、中野坂上-方南町間の区間運転の列車の一部が、新宿三丁目まで延伸するという話もあるようです。
(参考:タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/honancho/、「鉄道ジャーナル」2016年11月号 鉄道ジャーナル社)

|

« リニアの体験乗車が個人でもできる | Main | 十和田湖観光汽船、経営再建を断念、破産へ »

鉄道」カテゴリの記事

東京地下鉄・都営地下鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京メトロ方南町支線、2016年度に直通運転開始へ:

« リニアの体験乗車が個人でもできる | Main | 十和田湖観光汽船、経営再建を断念、破産へ »