« スターバックスの食堂車、スイスに登場 | Main | 千葉でも「POKÉMON with YOU トレイン」 »

東海地区のICカード普及状況

 2014年春の消費税率引き上げ後、ICカードを利用したときの運賃は、首都圏では1円単位、その他の地域では10円単位となります。その原因はICカードの利用率。そんな中、東海地方の利用率が判明しましたので紹介します。

 JR東海の「TOICA」の発行枚数(2013年9月末現在、以下同じ)は157万枚、利用率は75%(定期利用は除く、以下同じ)です。名鉄、名古屋市地下鉄などの「manaca」の発行枚数は317万枚、利用率は名鉄が50%強、名古屋市地下鉄は66%です。近鉄などの「PiTaPa」の会員数合計は245万人、利用率は近鉄が34%、「PiTaPa」全体の利用率は非公表です。参考ながら他の地域を見ると、JR東日本の「Suica」の発行枚数は4450万枚、利用率は80%以上です。JR西日本の発行枚数は853万枚、利用率は30~40%です。

 首都圏に限らず、ICカードの利用率は結構高いです(特に、何のメリットもなさそうなJR東海の利用率は怪しいほど高いです。「TOICA」と「manaca」なら、マイレージポイントや乗継割引のある「manaca」を選びます)。定期券の利用率を加味すれば、もっと上がるでしょう。関西圏が低いのは、「PiTaPa」がクレジットカードの利用を前提としているのに加えて、安い回数券がばら売りされているためです。JR西日本でも、JR京都線、JR神戸線などではそういう安売り回数券がありますので、事情は同じです。つまり、ICカードを持っても得にはならないのです。関西地方で普及率を上げるには、そういうところの是正が必要でしょう。
(参考:朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/NGY201311070004.html)

|

« スターバックスの食堂車、スイスに登場 | Main | 千葉でも「POKÉMON with YOU トレイン」 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

名鉄」カテゴリの記事

名古屋市地下鉄」カテゴリの記事

Comments

こんにちは、いつも楽しく拝見しています。前から気になっていたのですが、pitapaですがクレジットカードの利用は必須ではありません。私もpitapaを利用していますが、銀行の普通預金の口座があれば誰でもカードは作れます。メリットはいっぱいありますよ。利用金額は全額後払いで、大阪市営は初乗りから割引が適用されるなど。その上、チャージ不要なのがいいですね。

Posted by: バブリン | 2013.11.28 11:27 AM

 バブリンさん、こんばんは。

* 前から気になっていたのですが、pitapaですが

 「PiTaPa」にもクレジットカードがなくても使えるタイプはあるようですが、特殊なもののようで、クレジットカードの新規作成が前提というイメージがあります。これが「PiTaPa」普及の大きなネックになっています。

* 大阪市営は初乗りから割引が適用されるなど。

 「PiTaPa」をつくってもよい、と思わせるような割引は大阪市交通局ぐらいでしょう。私鉄王国の名が泣いています。

Posted by: たべちゃん | 2013.11.29 10:23 PM

とりあえず、ICカードに回数券をチャージできるように
してもらわないと
割引なしじゃ積極的に利用しようとは思いません

Posted by: フリーダム | 2014.03.27 10:18 PM

 フリーダムさん、おはようございます。

* とりあえず、ICカードに回数券を

 名古屋市交通局の「manaca」のように、回数券レベルの割引があるのは少数派です。

 ただ、キャッシュレスでかつ改札もスムーズに通過できるので、便利です。

Posted by: たべちゃん | 2014.03.28 05:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東海地区のICカード普及状況:

« スターバックスの食堂車、スイスに登場 | Main | 千葉でも「POKÉMON with YOU トレイン」 »