« 国交省、10年後のインフラの維持管理や更新にかかる費用を最大5.1兆円と試算 | Main | ベトナムに日本式鉄道ICカードシステムを輸出か? »

小田急、海賊船まで「駅ナンバリング」

 小田急など小田急グループは、2014年1月から順次、「駅ナンバリング」を導入します。

 鉄道の駅に「駅ナンバリング」を導入するのはよく見られますが、小田急で特筆されることは、「駅ナンバリング」が箱根まで続くということ。箱根登山鉄道、箱根観光船、箱根ロープウェイの3社も併せて「駅ナンバリング」を導入します。箱根の登山電車だけでなく、ケーブルカー、ロープウェイ、果ては海賊船の駅(港)まで「駅ナンバリング」されるのです。

 「駅ナンバリング」の対象となる設備は、駅名標。駅構内で駅名を記した案内標識のことです。小田急線内では、改札口及びホーム、車両乗車口上にある、路線図も「駅ナンバリング」の対象となります。

 小田急グループの「駅ナンバリング」は路線を示すアルファベット(2文字)と各路線の通し番号(2桁)の組み合わせです。小田急小田原線、箱根登山線、箱根ロープウェイ、箱根海賊船がOH、小田急江ノ島線がOE、小田急多摩線がOTです。小田急線は青色、箱根登山線、箱根ロープウェイ、箱根海賊船は赤茶色で表記されます。ちなみに、2011年6月にすでに実施済みである江ノ島電鉄はENです。主な駅の「駅ナンバリング」は、新宿がOH01、新百合ヶ丘がOH23、相模大野がOH28、小田原がOH47(青色と赤茶色で表記)、箱根板橋がOH48、箱根湯本がOH51、強羅がOH57、早雲山がOH62、桃源台がOH65、元箱根港がOH67、東林間がOE01、片瀬江ノ島がOE16、五月台がOT01、唐木田がOT07です。
(参考:小田急ホームページ http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8052_1284200_.pdf)

|

« 国交省、10年後のインフラの維持管理や更新にかかる費用を最大5.1兆円と試算 | Main | ベトナムに日本式鉄道ICカードシステムを輸出か? »

鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

小田急」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小田急、海賊船まで「駅ナンバリング」:

« 国交省、10年後のインフラの維持管理や更新にかかる費用を最大5.1兆円と試算 | Main | ベトナムに日本式鉄道ICカードシステムを輸出か? »