« 東京湾アクアライン、片道800円継続へ | Main | 岡山-津山間に高速バス »

和歌山電鐵の「たま電車」に「耳」がつく

 和歌山電鐵の「たま電車」、このたび「耳」と「制帽」がつくことになりました。「耳」の付いた路線バスと路面電車はすでに事例がありますが(同じ両備グループの岡山電気軌道です)、鉄道の車両としては世界でも初めてのようです。

 車両の前面に取り付けられた「耳」は、幅45センチ、高さ32センチのステンレス。右が黒、左が茶色です。「帽子」は冷房室外機カバーを黒く塗り、和歌山電鐵のロゴマークを付けたものです。「たま電車」に「耳」をつける構想は3年前からありましたが、高さなど安全性の問題があり、なかなか前に進みませんでした。9月になってようやく近畿運輸局から認可があり、「耳」などがつくことになったのです。

 新しく「耳」がついた「たま電車」、乗客や地域の人の声に「聞く耳」を持って、「日本一心豊かなローカル線」を目指すとのことです。
(参考:和歌山電鐵ホームページ http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/president/131210.html、WBS和歌山放送ホームページ http://wbs.co.jp/news/2013/12/10/34305.html、わかやま新報ホームページ http://www.wakayamashimpo.co.jp/2013/12/20131211_31620.html)

|

« 東京湾アクアライン、片道800円継続へ | Main | 岡山-津山間に高速バス »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/58754150

Listed below are links to weblogs that reference 和歌山電鐵の「たま電車」に「耳」がつく:

» 【わかやま電鉄】「たま電車」に猫耳と制帽が装着される [阪和線の沿線から]
わかやま電鉄のデザイン電車として人気のある「たま電車」。 終点・貴志駅に住み着いたネコ「たま」をイメージしたデザインの車両は、今も相変わらずの人気ですが、そのたま電車に ...... [Read More]

Tracked on 2013.12.15 at 04:24 PM

« 東京湾アクアライン、片道800円継続へ | Main | 岡山-津山間に高速バス »