« 和歌山電鐵の「たま電車」に「耳」がつく | Main | 京葉線とりんかい線、2016年度に直通運転の試行か? »

岡山-津山間に高速バス

 両備バス、中鉄北部バス、中国ジェイアールバスの3社は、12月1日から岡山-津山間に高速バス、「岡山エクスプレス津山号」を運行します。

 この区間はかつて、中鉄バスが2003年まで運行していました。利用者数が減少したため廃止になったのですが、その路線が実質的に再開することになったのです。高速道路が新たにできたわけではありません。高速バスが全国的に増え、より身近になったこと、及び2014年秋には中四国一の規模を誇るイオン岡山ショッピングセンターがオープンする予定であることから、再チャレンジすることになりました。

 「岡山エクスプレス津山号」は天満屋バスセンター-津山バスセンター間を結び、途中岡山側は岡山駅西口、岡山大学筋に、津山側は津山パーキングに停まります。国道53号を経由し、各社2往復ずつ1日6往復します。開業当初は1便当たり8人、年間35000人の利用を見込んでいます。所要時間は約1時間50分です。運賃は片道1100円、往復2000円(子供はそれぞれ半額)で、平日のみ利用できる「平日定期券」というものがあります。大人の1か月用のみあり、24200円です。通勤や通学に使えそうで、スピードは快速「ことぶき」に劣るものの、フットレスト付きのリクライニングシートであることから、JRのライバルになりそうです。なお、予約は受け付けませんが、座席定員制です。
(参考:中国ジェイアールバスホームページ http://www.chugoku-jrbus.co.jp/highway/okayama_express.html、両備ホールディングスホームページ http://www.ryobi.gr.jp/pressrelease/%E3%80%90%E4%B8%A1%E5%82%99%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%80%91%E4%B8%A1%E5%82%99%E9%AB%98%E9%80%9F%E3%83%90%E3%82%B9%E6%B4%A5%E5%B1%B1%EF%BD%9E%E5%B2%A1/)

|

« 和歌山電鐵の「たま電車」に「耳」がつく | Main | 京葉線とりんかい線、2016年度に直通運転の試行か? »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/58714837

Listed below are links to weblogs that reference 岡山-津山間に高速バス:

« 和歌山電鐵の「たま電車」に「耳」がつく | Main | 京葉線とりんかい線、2016年度に直通運転の試行か? »