« 映画を見たら特急が300円 | Main | 岡山駅東口広場に路面電車乗り入れか? »

「あけぼの」はゴールデンウィークに復活、「ムーンライトえちご」列車名変更

 JR各社から2014年春の臨時列車についての発表がありました。注目される列車を取り上げていきたいと思います。

 まずは3月15日のダイヤ改正で定期列車としての運行をやめる「あけぼの」。ゴールデンウィークに限り復活します。EF64(EF81)と24系6両(B個室1両とB寝台5両)の組み合わせで運転され、上野21:33発青森12:19着(上野発4月25日~5月6日運転)、青森17:11発上野6:20着(青森発4月24日~5月5日運転)のダイヤで運転されます。現状のダイヤが上野21:16発青森9:52着、青森18:23発上野6:58着であることを考えると、特に青森行きの遅さが目立ちます。単線区間が多く、定期列車の間を縫うように走るので、どうしてもダイヤが組みにくいのでしょうか?

 東京を起点とする夜行快速列車は、東京-大垣間の「ムーンライトながら」(東京発3月20日~29日運転、大垣発3月21日~30日運転)、新宿-新潟間の「ムーンライトえちご」(新宿発、新潟発ともに3月20日~31日運転)、新宿発白馬行きの「ムーンライト信州81号」(新宿発3月7日、14日、20日、28日、4月25日、5月2日、3日運転)です。なお、「ムーンライトながら」はに引き続き185系の10両編成で運転されます。

 そして、「ムーンライトえちご」は、4月以降、名称が変わります。「えちご春の夜空号」です。運転日は新宿発が4月4日、5日、25日、26日と5月2日、3日の6日間、新潟発が4月4日、5日、25日と5月2日の4日間です。車両やダイヤは変わりません。

 このほかにJR東日本で注目すべき列車は、「新潟デスティネーションキャンペーン」(4月1日~6月30日)に伴う臨時列車。新たに新潟県の銘酒・銘品を楽しむ列車「越乃 Shu*Kura」を運転します。キハ48・40系3両です。1号車は旅行商品専用車両で、側面窓を向いた「展望ペアシート」、パーティションで区切った「くつろぎペアシート」、テーブル付ボックス席「らくらくボックスシート」を配置します。運転台後方にはフリースペースを設けます。2号車はイベントスペースと売店、酒樽を模したスタンディングテーブルを配置します。3号車はリクライニングシートとフリースペースを配置します。高田-十日町間(長岡経由)に「越乃 Shu*Kura」が5、6月の週末を中心に1日1往復運転され、5月9~11日と6月20~22日は高田-越後湯沢間に「ゆざわ Shu*Kura」が1日1往復運転されます。「越乃 Shu*Kura」は途中、日本海に一番近い駅といわれる青海川駅で往路5分、復路27分停車します。駅から日本海の眺望を楽しむことができます。また、「きらきらうえつ」の「きらきらラウンジ」に新しいコーナーが登場します。

 成田空港へのアクセス列車「成田エクスプレス」が週末を中心に横須賀まで延長されます。E259系の6両編成で運転します(東京-成田空港間は12両となるものもあります)。鎌倉への旅行にも便利です。

 「POKÉMON with YOUトレイン」は大船渡線一ノ関-気仙沼間を週末を中心に1日1往復します。6月には、磐越東線、磐越西線、只見線をはじめて走行します。「ポケモン磐越東線号」(郡山-いわき間)が6月14日、15日にいずれも1日1往復、「ポケモン磐越西線号」(郡山-喜多方間)が6月21日、22日にいずれも1日1往復、「ポケモン只見線号」(会津若松-会津川口間)が6月28日、29日にいずれも1日1往復します。

 JR東海については、3月の週末(一部を除く)に、急行「いせ」(名古屋-伊勢市間)を1日1往復運転します。4月以降の運転日の記載がないことから、「いせ」はいったん3月で打ち切りになるようです。

 昨年から実施された「はまかぜ」の竹田駅への臨時停車。昨年は4~11月で実施されました。今年も竹田城址の山開きに合わせて3月20日から臨時停車を再開します。「はまかぜ1号」、「はまかぜ3号」、「はまかぜ4号」、「はまかぜ6号」の4本が臨時停車の対象です。3月20日から5月6日までは毎日、5月10日から6月29日までは休日に停車します。

 さらに4月26日から6月29日までの休日等には、特急「こうのとり1号」から和田山で接続する臨時列車も運転します。「こうのとり1号」は福知山で「きのさき1号」の接続を受けますので、京都からの竹田城址観光にも便利です。「こうのとり1号」の和田山着は10:22、臨時普通列車「天空の城 竹田城跡」号(寺前行き)は和田山10:26発、竹田10:33着です。竹田からは「はまかぜ」、臨時普通列車に合わせて、竹田城址周遊バス、「天空バス」も運行します。

 JR四国の「しまんトロッコ」ですが、四万十川流域の「ひなまつり」に合わせて、2月に引き続き3月も一部の週末に運転します。3月21日からは、四万十川の美しい景観をより楽しむことができるように、トロッコに乗車することのできる区間が拡大します。これまで土佐大正-江川崎間だった1号が窪川-江川崎間に、十川-土佐大正間だった2号が宇和島-十川間になります。2号の場合は2時間もトロッコに乗ることができるのです。ただ、「しまんトロッコ」、3月15日からは臨時列車になるようです(それまでは定期列車のダイヤ変更で対応)。6月1日までの休日に運転されます。
(参考:JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2013/20140110.pdf、http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20140124-1.pdf、JR東海ホームページ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000020599.pdf、JR西日本ホームページ http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/01/page_5068.html、http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/03/page_5278.html、JR四国ホームページ http://jr-shikoku.co.jp/03_news/press/14-01-24/02.htm、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2014/01/25/215783.html、http://response.jp/article/2014/01/26/215811.html)

|

« 映画を見たら特急が300円 | Main | 岡山駅東口広場に路面電車乗り入れか? »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

JR四国」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「あけぼの」はゴールデンウィークに復活、「ムーンライトえちご」列車名変更:

» 【JR東日本】春の増発列車を発表。3月ダイヤ改正で定期運転廃止となる「あけぼの」はGW期間中運転 [阪和線の沿線から]
JRグループより、春の臨時・増発列車が発表される時期となりましたが、このエントリーでは敢えてJR東日本の発表をみておきたいと思います。 春の増発列車のお知らせ(JR東日本プレ ... [Read More]

Tracked on 2014.01.25 09:20 AM

« 映画を見たら特急が300円 | Main | 岡山駅東口広場に路面電車乗り入れか? »