« 東海交通事業にイベント列車 | Main | 丹後海陸交通、宮津市などでも上限200円 »

羽田発最終伊丹便、30分繰り下げ構想

 伊丹空港は騒音問題があるため、大都市にある空港としては異例に短い21時までしか使えません。そのため、羽田からの最終便はJAL、ANAともに19:20に出ます。「のぞみ」の最終は21:20なので、2時間も早いです(おまけに、空港まで行く時間がかかるので、さらに差は広がります)。伊丹に着くのはANAが20:35、JALが20:40です。

 ところが、羽田-伊丹線はビジネス利用の多いドル箱路線。制限時間できるだけギリギリまで運行して、ライバルの東海道新幹線から客を奪いたいです。航空会社側は国交省や新関空会社に対して、羽田からの最終便の出発を遅らせることを求める要望を公式にではありませんが、しています。羽田から伊丹への飛行時間は10分程度短縮できるようなので、30分程度出発を遅らせることができるようです。

 本格的な地元との協議は2014年度に運営権が売却された後になるようですが、そこまでして繰り下げをする必要があるかは疑問です。伊丹が関西唯一の空港だった時代ならともかく、今は騒音などの制約が全くない関空があります。何らかの事情で伊丹の着陸が21時以降になりそうだったら、協定を破らず、おとなしく関空を使ってもらえばよいでしょう。関空を使ういいきっかけです。あるいは羽田に戻ってしまうのもよいかもしれません。

 また、羽田-伊丹線は航空会社にとってドル箱であることは先ほど書きましたが、航空会社が儲かるだけでは何の意味もありません。ちゃんと新関空会社に還元させないといけません。利益を吐き出させるのです。ビジネス客の多い路線なら、少々お金を払ってでも乗る人は多いでしょう。「伊丹は便利だ」という人には、ちゃんとそれに見合うお金を出していただきましょう。航空会社にも高い着陸料を課しましょう。嫌なら伊丹を使わなければいいだけです。伊丹が廃止になったら、関西に空港がひしめく事態は解決されるのですから、悪い話ではありません。
(参考:MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140117/wec14011707010002-n1.htm)

|

« 東海交通事業にイベント列車 | Main | 丹後海陸交通、宮津市などでも上限200円 »

飛行機、空港」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。
>> 今は騒音などの制約が全くない
大阪空港騒音公害訴訟起こしたプロ市民、息してるのかな?
高い料金というのはあれですかね(公営・民営と租税)
ほとんど飛行機乗らないから関係ないのかもしれませんが。
ところで、うめきたの新駅どう思います?こちらは関空のみの話ではなく和歌山・奈良にも接続できうるので、してみたら良いと思いますが…

Posted by: dr/dt | 2014.01.24 11:49 AM

 dr/dt さん、こんにちは。

* 大阪空港騒音公害訴訟起こしたプロ市民

 ここまで来たら中途半端なことをせず、廃港に持ち込まないといけません。

* 高い料金というのはあれですかね(公営・民営と租税)

 空港使用料みたいなかたちで新関空会社が徴収します。

* ところで、うめきたの新駅どう思います?

 和歌山、奈良方面には快速が大阪駅に直通しています。うめきたの新駅と新大阪の両方に直通するのは魅力的ですが、なにわ筋線が開通しないと厳しいです。

Posted by: たべちゃん | 2014.01.25 03:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 羽田発最終伊丹便、30分繰り下げ構想:

« 東海交通事業にイベント列車 | Main | 丹後海陸交通、宮津市などでも上限200円 »