« 仙台市営地下鉄、中心部は200円均一運賃に | Main | JR東日本、山田線の無償譲渡&三陸鉄道への移管を提案 »

高速道路料金は消費税率引き上げで10円単位へ

 東日本、中日本、西日本の各高速道路は、消費税率の引き上げに伴い、約3%値上げします。

 実は高速道路の料金は50円単位。24円までの端数を切り捨て、25円以上の端数は50円に切り上げます。この方法で値上げすると、増税分を大きく上回る値上げとなってしまいます。

 そこで出てきたのが、高速道路の料金を10円単位にする考え。もともと高速道路料金が50円単位なのは、料金所で取り扱う小銭を減らして渋滞を防ぐためです。しかし、ETCの普及により、それは障害ではなくなっています。高速道路3社のETC利用率は87.0~91.2%(2013年12月)、ほとんどがETCを利用しています。より正確に消費税率引き上げ分を高速料金に反映させるなら、1円単位が望ましいのですが、少数とはいえ現金払いの人もいます。そういう人がいれば料金所での支払いも煩雑になりますので、10円単位にするのが妥当と判断したようです。
(参考:朝日新聞1月22日朝刊 中部14版)

|

« 仙台市営地下鉄、中心部は200円均一運賃に | Main | JR東日本、山田線の無償譲渡&三陸鉄道への移管を提案 »

道路、車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高速道路料金は消費税率引き上げで10円単位へ:

« 仙台市営地下鉄、中心部は200円均一運賃に | Main | JR東日本、山田線の無償譲渡&三陸鉄道への移管を提案 »