« 相模鉄道とJR東日本との直通、東京方面も検討か? | Main | 会津鉄道、列車を使った荷物輸送サービスを開始 »

北海道新幹線札幌延伸、5年以上の工期短縮可能?

 北海道新幹線新函館-札幌間の開業は今から20年以上先、2035年度末の予定です。気の遠くなるような計画です。

 その北海道新幹線ですが、荒川北海道副知事は7日、トンネル工事の工夫などで5年以上短縮する案を、自民、公明両党の整備新幹線建設推進プロジェクトチームの会合で示しました。

 北海道新幹線は建設区間の76%をトンネルが占め、工事に時間がかかります。そこで、トンネル工事を効率化したり、設計業務に早期に着手したりすることによって、工期の短縮を図ることができるとしています。しかし、技術的な問題は解決したとしても財源の問題が残ります。そこで、国の予算措置も求めています。

 なんでもそうですが、新幹線も開業しないとその効果はありません。早期に開業することに越したことはないのですが、果たして工期を短縮し、早期開業につなげることができるでしょうか?
(参考:日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXNASFC0700Y_X00C14A2L41000/)

|

« 相模鉄道とJR東日本との直通、東京方面も検討か? | Main | 会津鉄道、列車を使った荷物輸送サービスを開始 »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北海道新幹線札幌延伸、5年以上の工期短縮可能?:

« 相模鉄道とJR東日本との直通、東京方面も検討か? | Main | 会津鉄道、列車を使った荷物輸送サービスを開始 »