« 長良川鉄道、「1日フリーきっぷ」の発売を終了 | Main | 鉄道、高速船がセットになった「松山・広島割引きっぷ」を発売 »

阪堺3月1日ダイヤ改正で「堺トラム」大増発!

 阪堺は3月1日にダイヤ改正を行います。

 このダイヤ改正の目玉は、「堺トラム」が天王寺駅前に乗り入れること。3月7日に日本一の高層ビル「あべのハルカス」がグランドオープンするのに合わせてのこととなります。「堺トラム」は毎日、天王寺駅前-浜寺駅前間を平日は上下20本、休日は17本運転します(区間運転を含めての数字です)。公表された「堺トラム」の運行ダイヤを見ると、朝7時台から夜23時台(休日は22時台)まで一日中走り続けます。天王寺駅前で待っていれば、約2時間おきにやってくるのです。しかも、ダイヤでは、1編成で往復するダイヤとなっています。2編成とも使える日は、これより乗車機会が増えることでしょう。なお、数は少ないかもしれませんが、点検等により代替車両での運行になる場合があり、年末年始(12月31日から1月4日)など臨時ダイヤ使用時は、ダイヤを変更する場合があります。ダイヤ改正当日の3月1日は、天王寺駅前乗り入れ開始記念セレモニー実施のため、天王寺駅前11:00発の5便からの運行となり、1~4便の4本については代替車両での運行となります。

 ほかにも改正事項があります。現在、早朝、夜間を除き運行している住吉公園発着の電車を、朝7時台、8時台を除いてすべて我孫子道発着とします。天王寺駅前-我孫子道間が昼間6分間隔となりますが、住吉公園発着が朝7時台、8時台のみと激減してしまいます。もっとも、住吉公園から少し歩けば住吉鳥居前に着きます。実質的な被害は小さいと言ってもいいでしょう。

 暗い話題もあります。2013年2月のダイヤ改正で浜寺駅前への直通がなくなった恵美須町-我孫子道間は昼間時、1時間に5本運転されていましたが、利用実態から、1時間に3本に減少します。路面電車とは言い難い運転本数です。また、朝の時間帯に実施している南霞町の地上改札を廃止します。

 話は大きく変わります。阪堺の貸切イベント列車は、年間200件前後の利用がありますが、4月1日実施分から、新たなコースが誕生します。住吉-東湊間を運行するコースです。10月31日までの期間限定で実施します(受け付けは3月10日から10月10日まで)。我孫子道発11:11または14:11に出て、住吉、東湊を通り、再び我孫子道に12:05または15:05に着きます。住吉-東湊間は年末年始などの臨時ダイヤで運行していたものであり、それを再現したものです。当時の姿を復元した行先板で運行することにより、「懐かしの」新コースと銘打っています。

 料金は、備品使用料(ごみ処理費、行先板使用、行先板持込代など)を含んで、55200円。モ161号車については、別途、維持協力金10000円が必要です。

(追記)
 2月12日から28日の間、車両整備等により、「堺トラム」の運行を代替車両を含めて休止します。
(参考:阪堺ホームページ http://www.hankai.co.jp/topics/pdf/140206_dia.pdf、http://www.hankai.co.jp/topics/pdf/140206_event.pdf、http://www.hankai.co.jp/topics/pdf/140210.pdf)

|

« 長良川鉄道、「1日フリーきっぷ」の発売を終了 | Main | 鉄道、高速船がセットになった「松山・広島割引きっぷ」を発売 »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 阪堺3月1日ダイヤ改正で「堺トラム」大増発!:

» 【阪堺電気軌道】3月1日にダイヤ改正実施。「堺トラム」天王寺駅前乗り入れ開始に [阪和線の沿線から]
阪堺電気軌道では、3月1日よりダイヤ改正を実施することを発表しました。 平成26年3月1日(土) ダイヤ改正を実施いたします。(堺トラム、天王寺駅前へ乗り入れ開始)(阪堺電気軌道|ト ...... [Read More]

Tracked on 2014.02.11 04:21 PM

« 長良川鉄道、「1日フリーきっぷ」の発売を終了 | Main | 鉄道、高速船がセットになった「松山・広島割引きっぷ」を発売 »