« 気仙沼線BRT、気仙沼駅構内に乗り入れへ | Main | 甲府、中津川リニア駅周辺の開発案について »

熊本市電に水戸岡デザイン超低床車両、「COCORO」登場

 水戸岡氏デザインの超低床型路面電車が、熊本市内を走ります。しかも新車です。

 熊本市は20日、10月から運行を始める超低床型路面電車(1編成2両)のデザインを発表しました。それによりますと、外観は濃い茶色のメタリックで、内装にはカエデなどの木材をふんだんに使い、「森と水の都くまもと」を表現します。車内は外観と同じ濃い茶色と、木材の色に近い明るい茶色のふたつの色で彩られます。取り外し式のテーブルも設置されます。

 名前も決まりました。「COCORO」です。ビジネス客や観光客をおもてなしの心で迎えたい、との思いを込めたものです。車両の先頭に「水、緑、情熱」を表すシンボルマークをつけます。金色のハートを3つつなげます。車体下部には夜間の安全面を考慮してLEDライト約10個も取り付けます。定員は既存の車両と同程度の約80人、車両の製作費は約3.2億円とのことです。

 なお、熊本市交通局は既存の超低床型車両7編成についても、2015年度から順次、「COCORO」と同じように濃い茶色と白の外観に変更する方針のようです。
(参考:西日本新聞ホームページ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kumamoto/article/77056、くまにちコム http://kumanichi.com/news/local/main/20140321001.xhtml)

|

« 気仙沼線BRT、気仙沼駅構内に乗り入れへ | Main | 甲府、中津川リニア駅周辺の開発案について »

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 熊本市電に水戸岡デザイン超低床車両、「COCORO」登場:

« 気仙沼線BRT、気仙沼駅構内に乗り入れへ | Main | 甲府、中津川リニア駅周辺の開発案について »