« 名鉄バス、名古屋-松本・長野線にカレンダー運賃の導入、往復割引等廃止 | Main | 万葉線3月29日から一部駅名変更 »

日本で一番小さい新幹線の町にどれだけの本数が停まるか?

 北海道新幹線新青森-新函館(仮称)間は、2016年3月に開業する予定です。途中、青森県今別町内に奥津軽いまべつ(仮称)が、北海道木古内町内に木古内駅が開業します。

 しかし、新幹線のできる今別町、木古内町はともに人口が少ない自治体なのです。2010年国勢調査によればそれぞれの人口は、今別町が3217人、木古内町が5341人です。現在新幹線の停まる駅で人口が少ないベスト3は、新潟県湯沢町(8396人)、岩手県岩手町(14984人)、青森県七戸町(16759人)です(ちなみに、村に新幹線駅があるケースはひとつだけあり、新白河駅のある福島県西郷村がそうですが、2014年3月時点での現住人口は19784人です)。両町の人口はこれらを下回ります。

 さて、そんな小さな町からクイズです。奥津軽いまべつ駅、木古内駅に停まる新幹線(上下の計、季節・臨時列車を除く)は1日何本でしょうか? クイズに正解すれば、奥津軽いまべつまたは木古内への往復乗車券、新幹線特急券(出発駅は東北新幹線各駅に限ります)などが抽選で当たります(正解者が全くいない場合は応募者全員から抽選を行います)。新幹線の切符は2016年4月23日から2017年3月31日の間の希望の列車に乗ることができます。この4月23日という日付が開業日のヒントになるのでしょうか? ちなみに、現行ダイヤで、新青森に発着する新幹線の本数は1日19往復です(東京まで行かないものもあります)。

 専用応募はがき(ダウンロードします。郵便はがきでも可)またはメールにて応募します。締め切りは2015年8月31日ですが、それより前に北海道新幹線のダイヤが正式に発表されたならば、その前日までの消印及び受信記録によって締め切ります。

 話は変わりますが、北海道と青森県は、青函地域の主な交通機関が数日間乗り放題となるフリー切符づくりを目指しています。すでに土台となる切符はあります。函館市、北斗市、七飯町、鹿部町、森町と各観光協会、交通事業者などが2013年6月から売り出しているもので、5市町のJR、市電、バスが2日間乗り放題になり、しかも函館-大間間のフェリーが割引になるものです。3000円です。北海道と青森県はこの切符を土台に、対象地域を道南5市町と青森県全域に広げようとしています。

(追記)
 2015年4月15日、阿部今別町長はJR北海道本社を訪れ、奥津軽いまべつ駅に1日10往復以上停車させることを要望しました。果たして、町長の要望は通るのでしょうか?
(参考:木古内町ホームページ http://www.town.kikonai.hokkaido.jp/chibi-machi/index.html、北海道新聞ホームページ http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/526059.html、http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0123683-s.html、西郷村ホームページ http://www.vill.nishigo.fukushima.jp/view.rbz?nd=815&ik=3&pnp=124&pnp=125&pnp=815&cd=516)

|

« 名鉄バス、名古屋-松本・長野線にカレンダー運賃の導入、往復割引等廃止 | Main | 万葉線3月29日から一部駅名変更 »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本で一番小さい新幹線の町にどれだけの本数が停まるか?:

« 名鉄バス、名古屋-松本・長野線にカレンダー運賃の導入、往復割引等廃止 | Main | 万葉線3月29日から一部駅名変更 »