« 日本で一番小さい新幹線の町にどれだけの本数が停まるか? | Main | 八ッ場ダム建設に伴い、樽沢トンネル廃止へ »

万葉線3月29日から一部駅名変更

 万葉線が3月29日に高岡駅ステーションビルまで延伸されるということは以前にも書きましたが、これに合わせてダイヤ改正(ただし、どの点が改正になるかはよくわかりません)と駅名変更を行います。

 駅前変更を行うのは、高岡駅前と本丸会館前。それぞれ高岡駅と急患医療センター前に代わります。後者の変更は、高岡市急患医療センターのオープンに伴うものです。

 少し遅れて4月1日には、越ノ潟フェリーのダイヤ改正も行います(万葉線とダイヤ改正時期が異なるため、3月29~31日の間は万葉線との接続ができません)。越ノ潟フェリーは朝夕は15分間隔、日中でも30分間隔で運転されています。並行して新湊大橋がありますが(2013年に自転車歩行者道が開通)、フェリーは廃止にならずに運航されています。改正により運航時間が短くなり、本数も減るようですが。

 万葉線の高岡駅ステーションビルへの延伸に伴い気になるのが、延伸区間が新規開業区間に当たるのかということ。どうやら高岡駅前の移設扱いとされ、新規開業にはならないようです。とは言っても、グレーゾーンなので、なるべく早く乗りに行きたいところです。

(追記)
 越ノ潟フェリーは、4月1日にダイヤ改正を行いました。

 朝の始発便が約30分遅くなるとともに、夜の最終便が約2時間早くなります。越の潟発の時刻で見ると、これまで始発6:10、最終22:30だったのが、始発6:52、最終20:22となります。運航時間が短くなった分は、代行輸送を行います。運航時間帯においても、8~10時、16~17時はこれまで15分間隔だったのですが、30分間隔になります。

 またこれまで夜間の代行輸送を行っていた時間帯は、たとえ深夜でも事前の申し込みは必要なく、時間が来れば来ましたが、4月1日以降は、22:40から翌6:00にかけて(ダイヤ改正前から代行輸送を行っていた時間帯)は事前の申し込みが必要となります。30分前に電話等で連絡すれば、希望した便(ダイヤはあらかじめ決まっています)が運行される仕組みとなっています。
(参考:万葉線ホームページ http://www.manyosen.co.jp/news/img/h26.3.29daiya.pdf、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2014/03/15/219230.html、富山県ホームページ http://www.pref.toyama.jp/cms_pfile/00014194/00685023.pdf)

|

« 日本で一番小さい新幹線の町にどれだけの本数が停まるか? | Main | 八ッ場ダム建設に伴い、樽沢トンネル廃止へ »

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/59301811

Listed below are links to weblogs that reference 万葉線3月29日から一部駅名変更:

« 日本で一番小さい新幹線の町にどれだけの本数が停まるか? | Main | 八ッ場ダム建設に伴い、樽沢トンネル廃止へ »