« 北近畿タンゴ鉄道、高速バスのウィラーアライアンス社に運行委託か? | Main | 「清流ライナー」、3月28日から下岩崎線運行開始 »

名古屋-高岡・氷見間高速バス、岐阜を経由せず

 以前、当blogで取り上げた名古屋-高岡・氷見間の高速バスですが、この4月1日に大幅な変更がありました。

 これまでは名鉄岐阜を経由する便が3往復、経由せずに直行する便が2往復ありましたが、4月1日からは5往復すべてが直行する便となり、名鉄岐阜バス停は廃止となりました。岐阜バスも撤退したようで、5往復すべて加越能バスが担当します。5往復とも全席3列独立シート車で運行されます。名鉄バスセンター-高岡駅前間の所要時間は3時間40分で、途中ひるがの高原サービスエリアで休憩します。なお、氷見営業所行き1本のみにあった白川郷への停車はなくなった模様です。

 運賃制度も変わりました。これまでの固定運賃から、日によって運賃が変わるようになりました。3段階あり、連休などに適用されるS運賃、休日に適用されるA運賃、平日に適用されるB運賃に分かれます。名鉄バスセンター・ミッドランドスクエア前(名鉄バスセンター行きのみ停車)-富山県内間の運賃は、S運賃が3400円、A運賃が3300円、B運賃が3000円となります。往復乗車券及び2枚綴り・4枚綴り回数券は廃止になりましたが、5枚綴り回数券はあります。15000円です。なお、7回乗車すれば次の片道1回の乗車が無料になる、「ハッピー7ポイントカード」というものもあります。
(参考:加越能バスホームページ http://www.kaetsunou.co.jp/kou/kousoku2.html)

|

« 北近畿タンゴ鉄道、高速バスのウィラーアライアンス社に運行委託か? | Main | 「清流ライナー」、3月28日から下岩崎線運行開始 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名古屋-高岡・氷見間高速バス、岐阜を経由せず:

« 北近畿タンゴ鉄道、高速バスのウィラーアライアンス社に運行委託か? | Main | 「清流ライナー」、3月28日から下岩崎線運行開始 »