« しずてつジャストライン、「バス弁」を発売 | Main | ANA、羽田-沖縄線で「ANAギャラクシーフライト」 »

「しまかぜ」、10月10日から京都発着の運行を開始

 2013年3月21日の運行開始以来、人気の特急「しまかぜ」。1年間の乗車人員が当初計画を4万人上回る18万人に達しました。以前の記事では「16万人に迫りそうな勢い」と書きましたが、それ以上の好調ぶりです。早く乗りたいものです。

 京都発着の「しまかぜ」が今年の秋に誕生することは以前にも書きましたが、その運行が正式に決まりました。10月10日から運行を開始します。水曜日を除く毎日、京都10:00ごろ発賢島12:50ごろ着、賢島14:50ごろ発京都17:40ごろ着のダイヤのダイヤで運行されます。途中停車駅は近鉄丹波橋、大和西大寺、大和八木、伊勢市、宇治山田、鳥羽、鵜方です。大人の片道運賃・料金(しまかぜ特別車両料金を含みます)の合計は、京都-宇治山田間が4650円、京都-賢島間が5560円です。和風個室、洋風個室を利用する場合は別途1室1030円の個室料金が必要です。京都発着の運行により、1年間で新たに7.5万人の乗車を見込んでいます。

 京都発着の「しまかぜ」の誕生により、大阪発着、名古屋発着の運行日が変更になります。これまでは大阪発着、名古屋発着ともに水曜運休でしたが、10月からは大阪発着は火曜運休、名古屋発着は木曜運休となります。つまり、毎日どれかの「しまかぜ」が運行されるのです。春休み、夏休み、ゴールデンウィーク、年末年始などは運休日なしで運行します。また、これまで大阪発着の「しまかぜ」は、平日と休日でダイヤが異なっていましたが、次回のダイヤ改正(変更時期は未定)から、休日も平日と同じように、大阪難波10:40ごろ発賢島13:00ごろ着となります。なお、大阪発着の「しまかぜ」は11月14日、15日、京都発着の「しまかぜ」は11月16日、17日、運休します。御注意ください。

 京都発着の「しまかぜ」を運行するためには、車両を増備しないといけません。新たに1編成(6両)を増備します。既存の2編成とは少し違い、和風個室のデザインを一新し、カフェにも和のテイストを盛り込みます。増備された編成は京都発着のみを走るのではなく、京都発着、大阪発着、名古屋発着のいずれにも充当されます。
(参考:近鉄ホームページ http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/simakaze.pdf、MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140424/wec14042417160004-n1.htm)

|

« しずてつジャストライン、「バス弁」を発売 | Main | ANA、羽田-沖縄線で「ANAギャラクシーフライト」 »

近鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/59531130

Listed below are links to weblogs that reference 「しまかぜ」、10月10日から京都発着の運行を開始:

» 近鉄、観光特急「しまかぜ」の京都発着の定期運行を2014(平成26)年10月10日(金)より開始 [kqtrain.net(京浜急行)]
 “最高のおもてなしで、伊勢志摩へ”観光特急「しまかぜ」平成26年10月10日(金)、京都発着の定期運行開始!−平成26年9月〜平成27年2月の運行カレンダーも決定−(PDF319KB)|近畿日本鉄道 更新情報・ニュースリリース... [Read More]

Tracked on 2014.04.27 at 07:08 PM

» 【近畿日本鉄道】観光特急「しまかぜ」京都発着の運行開始を正式発表(10/10〜) [阪和線の沿線から]
以前からこのブログでもご紹介してきた、近鉄の観光特急「しまかぜ」の京都発着の増発ですが、この度近畿日本鉄道より正式発表がありました。 観光特急「しまかぜ」平成26年1 ... [Read More]

Tracked on 2014.04.27 at 08:39 PM

« しずてつジャストライン、「バス弁」を発売 | Main | ANA、羽田-沖縄線で「ANAギャラクシーフライト」 »