« ANA、羽田-沖縄線で「ANAギャラクシーフライト」 | Main | 有馬口駅配線変更で、有馬温泉駅直通再開 »

水島臨海鉄道、キハ37、38、30形式、5月12日運転開始

 水島臨海鉄道が2013年7月にJR東日本からキハ37、38、30形式(合計6両)の譲渡を受けたことは以前にも書きましたが、その運行開始日が決まりました。5月12日です。

 キハ37、38、30形式は1日4往復、いずれも2両編成で運転されます。しかし、運転開始初列車の水島11:31発及び倉敷市12:00発(いずれも通常ダイヤではキハ37、38、30形式での運転はありません)はお披露目のため4両編成で運転されます。本来の2両編成で運転されるのは三菱自工前16:10発及び倉敷市16:40発からです。キハ37、38、30形式の運用は公表されていますが、これまでキハ20形式が走っていた便です。キハ20形式はどうなるのでしょうか?

 話は変わりますが、5月5日のこどもの日には、キハ20形式の定期列車の増結を行います。3往復の列車について、通常の倍の4両編成で運転します。

(追記1)
 キハ37、38、30形式のうち、キハ37 101とキハ37 102は水色ベースに、キハ30 100、キハ37 103とキハ38 104は旧国鉄色に塗られています。キハ30 98は部品取り用の車両です。

 なお、キハ20形式の定期運用は、5月12日の朝2往復で終了しました。

(追記2)
 キハ37、38、30形式はワンマン運転ができないので、休日や年末年始は運行されません。
(参考:水島臨海鉄道ホームページ http://www.mizurin.co.jp/info_detail/index/38.html、http://www.mizurin.co.jp/contents/time_table.html、マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2014/04/15/434/、railf.jp http://railf.jp/news/2014/05/13/170000.html、http://railf.jp/news/2014/06/17/160000.html)

|

« ANA、羽田-沖縄線で「ANAギャラクシーフライト」 | Main | 有馬口駅配線変更で、有馬温泉駅直通再開 »

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/59487600

Listed below are links to weblogs that reference 水島臨海鉄道、キハ37、38、30形式、5月12日運転開始:

» 【水島臨海鉄道】JR東日本より譲受したキハ37・38・30形式を5月12日より運行開始 [阪和線の沿線から]
以前のエントリーで水島臨海鉄道がJR東日本の久留里線で新型車両の導入で置き換えられたキハ30・37・38の各車両を導入することをご紹介しましたが、この度これらの車両の運行開始日 ... [Read More]

Tracked on 2014.04.28 at 10:42 PM

« ANA、羽田-沖縄線で「ANAギャラクシーフライト」 | Main | 有馬口駅配線変更で、有馬温泉駅直通再開 »