« 江差線の記念切符があれば、奥尻へのフェリーが半額 | Main | 500系に「プラレールカー」 »

JR北海道、レール幅が異常値を示せば運行停止

 JR北海道にいろいろトラブルが続いていた2013年9月のことですが、函館線大沼駅のレール幅が(整備基準値である19ミリ(カーブの場合)の倍以上の)39ミリにも広がっているのに、補修されず放置された結果、貨物列車が脱線しました。当時の基準は点検で整備基準値を上回る異常値を示した場合、15日以内に補修をすることとなっていましたが、そのまま何もしなかったのです。

 ところがJR北海道はこの4月から、新しい基準を導入することにしました。新しいルールでは、レール幅の広がりの程度によって対応を2段階に分けます。整備基準値の倍以上の異常値を示したら、即座にその線路を走る列車の運行を停止し、緊急に補修します。整備基準値以上だが、その倍未満の場合は、従来通り15日以内に補修することとしますが、その間は新たに徐行運転することを義務付けます。運行停止や徐行運転というペナルティを課すことによって、早急に補修するように促すのです。
(参考:北海道新聞ホームページ http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/533321.html)

|

« 江差線の記念切符があれば、奥尻へのフェリーが半額 | Main | 500系に「プラレールカー」 »

JR北海道」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/59477343

Listed below are links to weblogs that reference JR北海道、レール幅が異常値を示せば運行停止:

« 江差線の記念切符があれば、奥尻へのフェリーが半額 | Main | 500系に「プラレールカー」 »