« 連節構造のE331系、廃車か? | Main | しなの鉄道「ろくもん」は7月11日運行開始 »

負け続けの房総特急

 東京から房総半島方面への特急は、内房線の「さざなみ」、外房線の「わかしお」が走っています。

 しかし、房総方面の特急をめぐる状況は厳しいです。1997年に開通した東京アクアラインを経由する高速バスや車に客を取られているのです。開通当初は高速料金が高く、車での利用は少なかったのですが(高速バスにはアクアライの開通当初から負け続けています)、2009年からアクアラインの普通車通行料金が800円に引き下げられたため(ETC利用の場合)、車の利用が増えました。内房線の特急「さざなみ」は現在、平日は6往復(館山発着は一部区間が普通になるものを含めて4往復、君津発着は2往復)、休日はたったの2往復(館山発着2往復、一部区間が普通になるものもあり)です。昼間の運行は全くなく、朝夕の通勤特急と化しています。

 アクアラインの影響を大きく受けた「さざなみ」に対して外房線の「わかしお」は、千葉に入ってからの道路事情が悪いこともあり、それほど悪い状況ではありませんでした。しかし2013年4月に木更津東インター-圏央道東金ジャンクション間が開通し、アクアラインと外房地区が高速道路で結ばれました。それを受けて2013年春から、東京駅や羽田空港と茂原駅を結ぶ高速バスが新設されたり増発されたりしました。これまで茂原に多い液晶製造などの工場に向かうビジネス客は「わかしお」に乗っていましたが、運賃が安い高速バスに流れたようです。ついに「わかしお」も3月のダイヤ改正で東京-上総一ノ宮間の2往復(うち1往復は平日のみの運転)が廃止され、13往復(安房鴨川発着が一部区間普通になるものを含めて10往復、勝浦発着が1往復、上総一ノ宮発着が2往復。休日は上総一ノ宮発着が1往復減り、合計12往復)になりました。今まで1時間間隔で運転されていたのが、2時間間隔になるところも出てきたのです。平日昼間の利用が減ったからです。

 JRの特急の本数を増やしたいなら、アクアラインへの補助金をやめて、通行料金を元通りにすればいいです。しかし、そんなことをすることはありません。アクアラインの値下げによる経済効果が大きいからです。4月以降も国ともに年間5億円ずつを負担して割引を継続します。千葉県としては、房総半島の先のほうは人口が減り、東京から鉄道で来る人が減れば将来的には廃線の危機になると危惧しているようですが、鉄道にも何らかのお金を出さない限り、そのような話もまったくありえないことではないでしょう。内房線の2012年度の輸送密度は、蘇我-君津間は57344人であるのに対して(民営化直後の1987年度に比べて1割程度の減少)、君津-安房鴨川間は3347人しかいません。1987年度に比べて1/3程度に減少しています。危機になる前に対策を立てておいたほうがよいです。
(参考:東京新聞ホームページ http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014032502000261.html、JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/rosen_avr/pdf/2008_2012.pdf)

|

« 連節構造のE331系、廃車か? | Main | しなの鉄道「ろくもん」は7月11日運行開始 »

鉄道」カテゴリの記事

道路、車」カテゴリの記事

Comments

そういえば、「鉄道の未来学」の著者梅原淳さんは内房線沿線にお住まいだそうで、負け続けの特急に対して(房総特急を嚆矢として)特急用車両に通勤形車両を連結した"特別普通列車(仮称)"構想を提言しています。
特急料金の見直しは他の識者も言っていますが、梅原案では南海のサザンや名鉄のミューシリーズをモデルとしています。実際に構想を進めるとしたら指定席特急料金を今の自由席料金に変更して、自由席料金はもう少し下げるといった形で主に検討が行われると思います。

Posted by: 日置りん | 2014.04.06 02:19 PM

 日置りんさん、おはようございます。

* 負け続けの特急に対して(房総特急を嚆矢として)特急用車両に

 要するにグリーン車のついた普通列車ということでしょう。

* 実際に構想を進めるとしたら指定席特急料金を今の自由席料金に変更して、

 JRの場合、短距離の指定席特急料金が高いというのがネックになるでしょう。そこから見直さないといけません。

Posted by: たべちゃん | 2014.04.07 06:03 AM

「さざなみ」「わかしお」を現在のダイヤのままで普通電車の車輌+普通車指定席で運転して特急料金不要にしたら超人気列車間違いなし。でもそういうことはやらない。負け続けは当然に思えます。つまり,負けていても一向に構わない事情があるのでしょう。

Posted by: (yo) | 2014.04.07 11:51 AM

 (yo)さん、おはようございます。

* 「さざなみ」「わかしお」を現在のダイヤのままで

 確かに実現可能性は低いです。

 君津以南は単なるローカル線として負け続けることでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2014.04.08 05:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 負け続けの房総特急:

« 連節構造のE331系、廃車か? | Main | しなの鉄道「ろくもん」は7月11日運行開始 »