« 三陸に鉄道は無駄、BRTで十分との考え | Main | 自民党、無利子貸し付けでリニア全線開業案 »

関空-ヤンゴン線就航へ

 長い間軍事政権が続いていましたが、民主化の進展で経済成長が見込めるミャンマー。日本からそのミャンマーへの定期便は、ANAの成田-ヤンゴン線があるだけです。

 しかし、ミャンマー国際航空は、秋に関空とヤンゴンを結ぶ便を就航することを発表しました。エアバス社の小型ジェット機A319(130席)を使い、週3便運航する予定です。ミャンマー国際航空は茨城-ヤンゴン間でチャーター便を運航していますが、ミャンマー国際航空による日本への定期便は初めてです。

 1993年に設立されたミャンマー国際航空は、中国、タイ、シンガポールなどに定期便を運航しています。ミャンマー国際航空は茨城へのチャーター便を継続するとともに、将来的には、羽田や福岡にも就航する計画があるようです。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/select/news/20140411k0000m020066000c.html、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXDZO69717470R10C14A4FFE000/)

|

« 三陸に鉄道は無駄、BRTで十分との考え | Main | 自民党、無利子貸し付けでリニア全線開業案 »

飛行機、空港」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 関空-ヤンゴン線就航へ:

« 三陸に鉄道は無駄、BRTで十分との考え | Main | 自民党、無利子貸し付けでリニア全線開業案 »