« 福井に来たドイツの路面電車は「レトラム」 | Main | 新潟市、住民バスへの支援を拡充 »

西日本ジェイアールバス金沢営業所、「PiTaPa」を導入

 西日本ジェイアールバスは北陸新幹線が開業する2015年春をめどに、金沢市内の路線バスにICカード乗車券を導入します。全国の主なICカードに対応するのは、北陸では初めてのことです。約20台の車両に機器を搭載します。西日本ジェイアールバスが運行する「ふらっとバス」長町ルートやショッピングライナー「まちバス」にも導入することを検討するようです。

 導入するICカードは、関西の私鉄などで導入されている「PiTaPa」です。「Suica」など全国の主なICカードと相互利用できるとはいえ、親会社の「ICOCA」でないのが意外なところです。何の事情があって原則として新たにクレジットカードをつくらないといけなくて、物販では相互利用できない「PiTaPa」を選んだのか、理解に苦しむところです。

 さて、話は変わりますが、12月から5か所のバス停の名前が変わります。最寄りの観光地の名称を加えたもので、武蔵ケ辻は「武蔵ケ辻・近江町市場」、橋場町は「橋場町・ひがし茶屋街」、兼六園下は「兼六園下・金沢城」、広坂は「広坂・21世紀美術館」、成巽閣前は「県立美術館前」に変更します。

(追記1)
 金沢での「PiTaPa」導入開始日は2015年3月14日となりました。「Suica」、「ICOCA」など全国の主要ICカードは使えますが、北陸鉄道の「Ica」は使えません。

(追記2)
 西日本ジェイアールバスでは9月18日から、近江今津と小浜を結ぶ若江線でも「PiTaPa」サービスが導入されます。「Suica」、「ICOCA」など全国の主要ICカードも使えます。

(追記3)
 西日本ジェイアールバスでは10月23日から、高雄・京北線(京都駅-周山間)でも「PiTaPa」サービスが導入されます。「Suica」、「ICOCA」など全国の主要ICカードも使えます。
(参考:北國新聞ホームページ http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20140326301.htm、西日本ジェイアールバスホームページ http://www.nishinihonjrbus.co.jp/web/uploads/news/3c76bad8065732cc5e0a1d87188257ada4d77104.pdf、http://www.nishinihonjrbus.co.jp/web/uploads/news/2cd522c566a6e36885080fbe12ba24a872aa14a5.pdf、http://www.nishinihonjrbus.co.jp/web/uploads/news/d2f1927fc1d6e9c53e7116d22d11326e41c30b4e.pdf?jrb_usr=cddb8a4e99a03b42836277132c748494)

|

« 福井に来たドイツの路面電車は「レトラム」 | Main | 新潟市、住民バスへの支援を拡充 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 西日本ジェイアールバス金沢営業所、「PiTaPa」を導入:

» 【西日本JRバス】金沢地区でPiTaPaを導入の報道 [阪和線の沿線から]
まだ報道のみで、正式発表はありませんが、西日本JRバスは金沢地区の路線バスに交通系ICカード「PiTaPa」を来年春を目処に導入を行うことを、地元メディアの北國新聞が報じています。 ... [Read More]

Tracked on 2014.04.03 10:59 PM

« 福井に来たドイツの路面電車は「レトラム」 | Main | 新潟市、住民バスへの支援を拡充 »