« 福井に来たドイツの路面電車は「レトラム」 | Main | 新潟市、住民バスへの支援を拡充 »

西日本ジェイアールバス金沢営業所、「PiTaPa」を導入

 西日本ジェイアールバスは北陸新幹線が開業する2015年春をめどに、金沢市内の路線バスにICカード乗車券を導入します。全国の主なICカードに対応するのは、北陸では初めてのことです。約20台の車両に機器を搭載します。西日本ジェイアールバスが運行する「ふらっとバス」長町ルートやショッピングライナー「まちバス」にも導入することを検討するようです。

 導入するICカードは、関西の私鉄などで導入されている「PiTaPa」です。「Suica」など全国の主なICカードと相互利用できるとはいえ、親会社の「ICOCA」でないのが意外なところです。何の事情があって原則として新たにクレジットカードをつくらないといけなくて、物販では相互利用できない「PiTaPa」を選んだのか、理解に苦しむところです。

 さて、話は変わりますが、12月から5か所のバス停の名前が変わります。最寄りの観光地の名称を加えたもので、武蔵ケ辻は「武蔵ケ辻・近江町市場」、橋場町は「橋場町・ひがし茶屋街」、兼六園下は「兼六園下・金沢城」、広坂は「広坂・21世紀美術館」、成巽閣前は「県立美術館前」に変更します。

(追記1)
 金沢での「PiTaPa」導入開始日は2015年3月14日となりました。「Suica」、「ICOCA」など全国の主要ICカードは使えますが、北陸鉄道の「Ica」は使えません。

(追記2)
 西日本ジェイアールバスでは9月18日から、近江今津と小浜を結ぶ若江線でも「PiTaPa」サービスが導入されます。「Suica」、「ICOCA」など全国の主要ICカードも使えます。

(追記3)
 西日本ジェイアールバスでは10月23日から、高雄・京北線(京都駅-周山間)でも「PiTaPa」サービスが導入されます。「Suica」、「ICOCA」など全国の主要ICカードも使えます。
(参考:北國新聞ホームページ http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20140326301.htm、西日本ジェイアールバスホームページ http://www.nishinihonjrbus.co.jp/web/uploads/news/3c76bad8065732cc5e0a1d87188257ada4d77104.pdf、http://www.nishinihonjrbus.co.jp/web/uploads/news/2cd522c566a6e36885080fbe12ba24a872aa14a5.pdf、http://www.nishinihonjrbus.co.jp/web/uploads/news/d2f1927fc1d6e9c53e7116d22d11326e41c30b4e.pdf?jrb_usr=cddb8a4e99a03b42836277132c748494)

|

« 福井に来たドイツの路面電車は「レトラム」 | Main | 新潟市、住民バスへの支援を拡充 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/59381688

Listed below are links to weblogs that reference 西日本ジェイアールバス金沢営業所、「PiTaPa」を導入:

» 【西日本JRバス】金沢地区でPiTaPaを導入の報道 [阪和線の沿線から]
まだ報道のみで、正式発表はありませんが、西日本JRバスは金沢地区の路線バスに交通系ICカード「PiTaPa」を来年春を目処に導入を行うことを、地元メディアの北國新聞が報じています。 ... [Read More]

Tracked on 2014.04.03 at 10:59 PM

« 福井に来たドイツの路面電車は「レトラム」 | Main | 新潟市、住民バスへの支援を拡充 »