« 東急、日比谷線直通用車両を池上線、東急多摩川線へ | Main | 近江鉄道、吊り掛け式220形の貸切について »

大阪市営地下鉄は超優良企業、との調査結果

 民営化される方針の大阪市営地下鉄。その価値はどれほどのものでしょうか? 大阪市が監査法人に委託していたのですが、その結果が明らかになりました。

 大阪市が委託した監査法人が公営企業会計の2012年度決算を基に民間企業並みに評価しなおしたところ、土地や車両などの資産価値は8534億円、保有株式などを含めた総資産は推計10314億円、純資産(総資産から負債総額を引いた額)は推計3215億円、総資産に占める純資産の割合は31%です。経常利益は176億円です。かなりいい数字です。資産価値については、大阪市交通局が2006年に出した、6200億円とする試算がありましたが、8534億円という数字はそれを大きく上回るのです。

 大阪市交通局が9日に発表した2013年度収支見込みもよい数字です。収支が確定するのは6月で、現時点では見込みの数字ですが、地下鉄の黒字は過去最高の303億円、バスも31年ぶりに4億円とはいえ経常黒字を計上します。
(参考:朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASG594VLQG59PTIL01M.html、毎日jp http://mainichi.jp/select/news/20140509k0000m040130000c.html)

|

« 東急、日比谷線直通用車両を池上線、東急多摩川線へ | Main | 近江鉄道、吊り掛け式220形の貸切について »

鉄道」カテゴリの記事

大阪市高速電気軌道」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大阪市営地下鉄は超優良企業、との調査結果:

« 東急、日比谷線直通用車両を池上線、東急多摩川線へ | Main | 近江鉄道、吊り掛け式220形の貸切について »