« JR西日本の豪華寝台列車は、1室で1両を占領、バスタブつき | Main | 吾妻線の付け替えは10月1日、樽沢トンネルも消える »

えちぜん鉄道、吊り掛け式電車引退していた

 古い車両がたくさん走っていたえちぜん鉄道ですが、ほかの鉄道会社からの中古車両を導入し、置き換えが進んでいます。元愛知環状鉄道の100形、300形(えちぜん鉄道ではMC6001形、MC6101形)、元JR東海の119系(えちぜん鉄道ではMC7000形)が入り、近代化が進んでいます。置き換えが完了すると、元愛知環状鉄道、元JR東海の車両が大半を占めることとなります。

 新しい車両を導入すれば、古い車両は引退することとなります。吊り掛け式のMC2101形(2111、2116)です。2013年12月26日の勝山発18:48発福井行きが最後の運用となりました。MC2101形は、京福時代に南海1201形を譲り受けた車両で、1982年には車体を阪神5231形に更新しています。2111以降は両運転台構造となっています。

 2111はえちぜん鉄道最後の非冷房車でもあります。今回の引退で吊り掛け式の車両はいなくなり、冷房化率100%を達成しました。
(参考:「鉄道ジャーナル」2014年3月号 鉄道ジャーナル社)

|

« JR西日本の豪華寝台列車は、1室で1両を占領、バスタブつき | Main | 吾妻線の付け替えは10月1日、樽沢トンネルも消える »

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/59682917

Listed below are links to weblogs that reference えちぜん鉄道、吊り掛け式電車引退していた:

« JR西日本の豪華寝台列車は、1室で1両を占領、バスタブつき | Main | 吾妻線の付け替えは10月1日、樽沢トンネルも消える »