« 2014年夏の臨時列車発表、「ムーンライトえちご」は廃止か? | Main | 「トワイライトエクスプレス」でランチを »

一畑電車の置き換え計画(続報)

 以前、一畑電車の電車置き換えにつき、記事にしましたが、おさらいを兼ねて新たに記事を書きます。

 一畑電車の置き換えは、一畑電車沿線地域対策協議会の支援を受けて行われます。しかも、2段階に分けて行います。まず、2014年度、2015年度には、東急からの中古車、2両編成3本が入ります(以前の話では7本入ることになっていましたが、3本に減ったようです)。その代わりに元南海の3000系が順次引退し、全廃します。スクラップされてしまいます。なお、島根県のホームページによれば、3000系のうち1両は2016年度に廃車になるようですが、3000系は2両でないと動かないので、事実上の引退は2015年度と考えられます。

 2015年度、2016年度には両運転台の車両を4両、投入します(2015年度に1両、2016年度に2両、2017年度に1両という説もあります)。こちらは中古ではなく、新車です。具体的にどういうものになるかはまだわかりませんが、中古部品を活用して製造費を抑え、かつ(東急からの中古車とともに)VVVFインバータ制御として運行経費の削減も図る方向のようです。新車が入ると、2100系の4本のうち2本が廃車になります。車体はスクラップしますが、部品は部品取り用として残します。

 置き換えが完了すると、既存の車両4編成(2100系2本、5000系2本。いずれも修繕を行い、15年程度延命させます)、東急からの中古車3編成、新車(単行)4編成となり、トータルとしては現行の20両から18両に減りますが、編成数は逆に10から11に増えます。単行の車両もあるので、1両編成から4両編成まで柔軟に需要に応じることもできます。

(追記)
 東急からの新型車両は2015年2月から運行開始の予定です。2014年度は2編成4両が入ります。
(参考:「鉄道ジャーナル」2014年3月号 鉄道ジャーナル社、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASGBJ53D0GBJPTIB00B.html、島根県ホームページ http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/region/access/tetudo/ichibata.data/minaoshisukejyuru.pdf、ITmediaビジネス ONLINE http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1502/27/news047_3.html)

|

« 2014年夏の臨時列車発表、「ムーンライトえちご」は廃止か? | Main | 「トワイライトエクスプレス」でランチを »

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 一畑電車の置き換え計画(続報):

« 2014年夏の臨時列車発表、「ムーンライトえちご」は廃止か? | Main | 「トワイライトエクスプレス」でランチを »