« 南海、大阪府都市開発の子会社化を決議 | Main | ネット予約限定のきっぷ、「B&Sみやざきネットきっぷ」発売 »

奈良県は県内のリニア駅候補を一本化せず

 天理市は撤退したものの、未だに奈良、生駒、大和郡山の3市が誘致している奈良県内のリニアの中間駅。この3市が争っているリニアの中間駅について、荒井奈良県知事は、特に調整をしないという考えを明らかにしました。

 その理由は、実際にJR東海が環境影響評価をすれば、現在は(土地調査などを行っている段階のため)20キロの幅で表されているリニアのルートが3キロに狭まります。そうなれば、自然にどこの市に駅ができるか明らかになります。わざわざ調整をしなくてもいいという判断です。

 オール奈良でリニアを県内に引き込むため、候補地を一つにまとめることは必要かもしれません。しかし、県内で候補地をまとめようとすれば、県内事情から直線に近く、京都にもある程度の配慮がなされた奈良ではなく、南部にも配慮した大和郡山になってしまう危険性があります。ある意味複雑なところです。
(参考:MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/region/news/140501/nar14050102100002-n1.htm)

|

« 南海、大阪府都市開発の子会社化を決議 | Main | ネット予約限定のきっぷ、「B&Sみやざきネットきっぷ」発売 »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/59581292

Listed below are links to weblogs that reference 奈良県は県内のリニア駅候補を一本化せず:

« 南海、大阪府都市開発の子会社化を決議 | Main | ネット予約限定のきっぷ、「B&Sみやざきネットきっぷ」発売 »