« 高松駅の駅弁製造は「祭ずし」の三好野本店に | Main | 通勤帰りに「つどい」でビール »

新潟BRTのシンボルカラーは朱色

 新潟市は、新潟駅-市役所-白山駅-青山間にBRTを導入する方針です。2015年夏にも導入する方針なのですが(ただし、専用走行路を設けず、既存のバスレーンを使います)、5日にそのトータルデザインの発表がありました。

 シンボルカラーは朱色、新潟の夕陽をモチーフにしています。シンボルロゴは朱色のリングで「NIIGATA CITY BRT」の文字を囲みます。夕陽から放たれるリングの形状をイメージしています。連節バスの車体は、黒と朱色から成り立っています。黒を朱色のリングで囲む格好です。車内のシートは亀田縞をモチーフとした縦縞や暖色系の色彩を採用しています。つり革には木材を使用します。交通結節点として新たに整備する市役所ターミナルは、道路を挟んだターミナルを一体的にデザインし、自然光を取り入れ、明るく開放的なデザインとします。その他の結節点でも、シンボルカラーやシンボルロゴを展開することにより、わかりやすさの向上を図ります。BRT駅については、上屋の頂部にシンボルカラーとシンボルロゴを展開します。上屋がない駅についても、同様のコンセプトで整備を行います。

 話は変わりますが、新潟市と新潟交通は4月に「新バスシステム事業運行協定」を結んでいます。新潟市が車両購入や施設整備を行い、新潟交通が運行と維持管理を行います。公設民営方式です。具体的な路線や運行本数は6月までに詰めますが、再編された後のバス路線や運行本数は協定の期限となる2020年3月末まで維持する方向です。
(参考:レスポンスホームページ http://response.jp/article/2014/06/06/224851.html、新潟市ホームページ http://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/doro/kotsu/newsystem/oshirase/total_design_gaiyo.html、MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/region/news/140416/ngt14041602070001-n1.htm)

|

« 高松駅の駅弁製造は「祭ずし」の三好野本店に | Main | 通勤帰りに「つどい」でビール »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新潟BRTのシンボルカラーは朱色:

« 高松駅の駅弁製造は「祭ずし」の三好野本店に | Main | 通勤帰りに「つどい」でビール »