« みさき公園に鉄道体験施設 | Main | 東海道新幹線の「ファミリー車両」、2014年夏は100本運転 »

小田急からの「フジサン特急」は8000系

 富士急は、小田急20000形「RSE」を譲り受けて3両編成の特急に改造していましたが、そのデビューの日が決まりました。7月12日です。

 元小田急の「フジサン特急」は8000系といいます。車体には総数1457万余りの選挙で選ばれたフジサンキャラが描かれています。選挙で44山を選び、それに一般公募のキャラクター14山を加えました。

 8000系は初代「フジサン特急」2000系(元JR東日本「パノラマエクスプレスアルプス」)に比べて、床面が約20センチ高くなり、窓も横幅が160センチと広いので、車窓からの風景をより楽しむことができます。3両編成のうち1号車は2000系同様、運賃、特急料金以外に追加料金(100円)が必要な定員制の「展望車両」となっています。運転室後部の座席がソファータイプとなっていて、ほかに3列シート席や小グループ向けのセミコンパートメント席、子供向けの運転台がついた席があります(個室はありません)。2号車には車いすの人でも使えるよう、専用の座席と車いす対応の大型トイレがあります。定員は160人で、初代2000系の112人と比べて約40%アップしています。なお、各座席の枕カバーは、オーガニックコットンを使用し、富士吉田市の「ふじやま織」の技術で織り上げています。

 8000系の登場により、これまで一般車両を使うこともあった特急も、専用車両で賄うことができます。デビュー翌日の7月13日以降、8000系は平日2往復、休日4往復します(2000系は平日、休日ともに3往復)。しかし、7月26日から9月28日の間の休日は、「成田エクスプレス」の河口湖乗り入れのため、7号は「成田エクスプレス」車両で運転、4号は一般車両で運転されます。

 デビュー当日の7月12日は、大月13:50発の11号から運転を開始します。当日は、12号、13号、16号のみ8000系で運転します(1号、4号、7号、8号は一般車両)。7月12日に限り、8000系で運転される「フジサン特急」も特急料金は200円になります(都留文科大学前発着の場合は100円)。「展望車両」も7月12日に限り、追加料金なしで利用できます(ただし、11号の1号車は貸切のため、使えません)。
(参考:富士急ホームページ http://www.fujikyu-railway.jp/forms/info/info.aspx?info_id=33993、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2014/06/20/225883.html)

|

« みさき公園に鉄道体験施設 | Main | 東海道新幹線の「ファミリー車両」、2014年夏は100本運転 »

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/59848525

Listed below are links to weblogs that reference 小田急からの「フジサン特急」は8000系:

» 富士急行、新型フジサン特急車両「8000系」2014年7月12日(土)営業運行開始 [kqtrain.net(京浜急行)]
 富士急行株式会社 富士急行線 新型フジサン特急車両「8000系」 平成26年7月12日(土)より営業運行開始  富士急行株式会社 富士急行線 新型フジサン特急車両「8000系」 平成26年7月12日(土)より営業運行開始(PDF)... [Read More]

Tracked on 2014.06.22 at 04:58 PM

» 【富士急行】元小田急20000形RSEを改造した新型「フジサン特急」8000系の運行開始を発表(7/12〜) [阪和線の沿線から]
こちらのエントリーでもご紹介したように、富士急行へ譲渡された元・小田急20000形RSEですが、この度8000系として新型「フジサン特急」として運行開始されることが発表されました。 ... [Read More]

Tracked on 2014.06.23 at 08:46 PM

« みさき公園に鉄道体験施設 | Main | 東海道新幹線の「ファミリー車両」、2014年夏は100本運転 »