« 「宇治・伏見 おうじちゃまEXPRESS」、樟葉にも停車 | Main | 可部線延伸さらに遅れる?&横川駅を改修 »

北海道新幹線、東京-新函館北斗間開業時から3時間台実現か?

 ようやく北海道側の駅名が決まりました。少々長いですが、新函館北斗です。すでに車両も列車名も決まっていますが、気になるのは所要時間の長さ。東京-新函館北斗間が最短でも4時間10分もかかります。新函館北斗は函館の中心部から遠く(空港のほうが函館の中心部から近いところにあります)、ロングシートのアクセス列車で17分かかります。いくら新函館での乗り換えがスムーズとはいえ、トータルでは最短でも4時間半ぐらいかかってしまいます。

 このように所要時間がかかるのは、青函トンネルなど82キロの区間を在来線と共有し、その区間は新幹線と言えども在来線並みの時速140キロでの走行を余儀なくされるため。開業してしばらくたってからの2018年春に青函トンネル等のスピードアップを行うまではこのような鈍足が続くと思われていましたが、2016年3月の開業当初から東京-新函館北斗間を3時間台で走らせるという動きがあるようです。与党の新幹線プロジェクトチームが近く、走行時間の短縮を国交省に正式に要請し、国交省はJR北海道や関係自治体などとの調整を行います。

 スピードアップするのは1日1往復だけで、一部停車駅の通過(どこを通過するのでしょうか?)やダイヤ調整により東京-新函館北斗間を3時間50分台後半で走行する見通しです。3時間59分でも3時間台であれば、PR効果は大きいです。一般的に鉄道での所要時間が4時間を切れば、航空機ではなく鉄道を選択する人が増えます。東京-新函館北斗間で最短でも4時間10分というのは正直言って遅いので、いろいろ問題はあるでしょうが、当面は東京-新函館北斗間の最速を3時間台、青函トンネル等の時速200キロ走行ができれば東京-函館間の最速を3時間台で走ってもらいたいところです。

(追記)
 自民、公明でつくる与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームと国交省は、青函トンネル等を時速140キロで走行しても複数の駅を通過することにより、東京-新函館北斗間を3時間台で結ぶ方針です。1日1往復に限られますが、東京-新函館北斗間を3時間56分で結びます。
(参考:北海道新聞ホームページ http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/545106.html、函館新聞ホームページ https://www.hakodateshinbun.co.jp/topic.html)

|

« 「宇治・伏見 おうじちゃまEXPRESS」、樟葉にも停車 | Main | 可部線延伸さらに遅れる?&横川駅を改修 »

JR北海道」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

函館にとっては新幹線開業は余り歓迎できない話でしょうね。
駅が市街地から遠すぎ、従来の新青森乗換と余り変わらないし、通過客は素通りするだけだし。

市街地からは、新幹線駅より空港の方が近いのだから、本州からは相変わらず航空利用でしょう。

札幌まで開通すれば、札幌-函館間では時間短縮になるけど、それまでは函館にとってプラスにならない話です。

Posted by: かにうさぎ | 2014.06.15 at 12:35 PM

 かにうさぎさん、おはようございます。

* 函館にとっては新幹線開業は余り歓迎できない話でしょうね。

 それでも、函館近郊まで新幹線が伸びるということは効果が大きいでしょう。安定的に輸送できるという点は大きいです。航空運賃も繁忙期だからと言って強気に出ることが難しくなります。

* 札幌まで開通すれば、

 あの立地は、札幌まで延伸しないと意味のない立地です。函館止まりなら、急カーブ連発でも函館駅に乗り入れたほうがはるかに便利です。

Posted by: たべちゃん | 2014.06.16 at 05:20 AM

普通に「最速」を考えれば、現在の新青森行きの
最速便2時間59分に140km/h走行での
新青森~新函館北斗の時間58分を足せば、新青森
2分停車を加えても、3時間59分となり4時間
切りは可能なのですが、何故、最初は4時間10分を最速としたのでしょうかね?

既に青函共用区間を260km/hで走れれば、18分も短縮するとも出ていますので、2018年には
東京~新函館北斗に3時間40分台で走れる便が
登場することになりますし。

こういう便がダイ改ごとに1便ずつでも増えていって、ゆくゆくは1日4~5往復にでもなれば良い
のですけどね。

ここまでくれば、後は盛岡~新青森での320km/h化
で、3時間30分台を目指すだけです。

Posted by: ロイス | 2014.06.16 at 01:18 PM

 ロイスさん、おはようございます。

* 普通に「最速」を考えれば、

 以前の記事( http://tabechan.cocolog-nifty.com/note/2014/04/post-b507.html )でも書いたとおり、私も東京-新函館北斗間4時間10分はかかりすぎだと思っています。

* ここまでくれば、後は盛岡~新青森での320km/h化

 盛岡以北の高速化が望まれます。

Posted by: たべちゃん | 2014.06.17 at 05:41 AM

追記記事。予想通り4時間切りの提灯列車が出てきましたね。
ところで3時間56分とありますが、どこに書いてありますか?

Posted by: ロイス | 2015.04.18 at 03:51 PM

 ロイスさん、おはようございます。

* ところで3時間56分とありますが、どこに書いてありますか?

 函館新聞ホームページ( https://www.hakodateshinbun.co.jp/topic.html )の2014年6月25日付記事にあります。

Posted by: たべちゃん | 2015.04.19 at 06:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/59815461

Listed below are links to weblogs that reference 北海道新幹線、東京-新函館北斗間開業時から3時間台実現か?:

« 「宇治・伏見 おうじちゃまEXPRESS」、樟葉にも停車 | Main | 可部線延伸さらに遅れる?&横川駅を改修 »