« あいの風とやま鉄道のICカード導入、新駅について | Main | JR東日本グループの子会社、JALグループの台湾旅行会社に出資 »

三陸鉄道乗車券つきキットカットを発売

 三陸鉄道とネスレ日本は、三陸鉄道開業30周年記念商品として「ネスレ キットカット ミニ 切符カット」を6月16日から発売しました。全国の鉄道系コンビニエンスストアや東北地方のスーパー・コンビニ、東京タワー3階の「キット、ずっとミュージアムカフェ」物販コーナー内で発売します。三陸鉄道の駅では発売されません。

 この「ネスレ キットカット ミニ 切符カット」は、世界で80年近い歴史を誇るチョコレート菓子、「キットカット」が3枚入っていて、値段は108円。それだけではこのblogで紹介しません。実はこの「キットカット」、190円分の三陸鉄道無料乗車券が付いています。190円は、三陸鉄道で最後に復旧を果たした区間にある、北リアス線島越-田野畑間の運賃に相当します。三陸鉄道の切符売り場や下車時の運賃支払い時に外箱を渡すと、ひとつにつき運賃190円が無料になります。三陸鉄道とネスレ日本によれば、切符として使うことができる「キットカット」は世界を見ても初めてのようです。

 三陸鉄道で切符として使えるのは6月16日から2015年5月31日までです。北リアス線島越-田野畑間に限らず、三陸鉄道全線で使用できます(ほかの鉄道線での精算には使えません)。1回の乗車で複数の外箱を使って支払うこともできます。運賃が190円を超えた場合(1箱の場合、2箱なら380円、3箱なら570円となります)、差額を現金で支払うこともできます。しかし、宮古-山口団地間のように運賃が190円未満の場合は、外箱で運賃を払っても釣銭が出ません。

(追記)
 この乗車券つきキットカットで、7000人以上が三陸鉄道に乗車したようです。
(参考:三陸鉄道ホームページ http://www.sanrikutetsudou.com/2014/06/%E5%88%87%E7%AC%A6%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A7%E3%81%AE%E4%B8%89%E9%99%B8%E9%89%84%E9%81%93%E3%81%94%E4%B9%97%E8%BB%8A%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85.html、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2014/06/02/224545.html、ネスレ日本ホームページ http://www.nestle.co.jp/media/pressreleases/allpressreleases/documents/20140602_kitkat.pdf、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/CMTW1512050300001.html)

|

« あいの風とやま鉄道のICカード導入、新駅について | Main | JR東日本グループの子会社、JALグループの台湾旅行会社に出資 »

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/59751056

Listed below are links to weblogs that reference 三陸鉄道乗車券つきキットカットを発売:

» 三陸鉄道とネスレ日本、切符になるパッケージ「キットカット 切符カット」発売 [kqtrain.net(京浜急行)]
 三陸鉄道とネスレ日本が共同開発 キットカット史上世界初!切符になるパッケージ「キットカット 切符カット」|ネスレ日本 [Read More]

Tracked on 2014.06.22 at 12:33 PM

» 【ネスレ日本】三陸鉄道のきっぷになるキットカット「切符カット」を発売開始(6/16〜) [阪和線の沿線から]
東日本大震災の津波の被害から今年の4月に全線復旧を果たした三陸鉄道。 その三陸鉄道を被災直後から応援し続けているプロジェクトの一つに、ネスレのキットカットがあります。 こ ...... [Read More]

Tracked on 2014.06.23 at 08:47 PM

« あいの風とやま鉄道のICカード導入、新駅について | Main | JR東日本グループの子会社、JALグループの台湾旅行会社に出資 »