« 筑豊電鉄、地元支援で新車&JR直方駅付近まで延伸か? | Main | 北陸鉄道の「平日昼トク回数券」、7月1日からパワーアップ »

木次線三井野原駅、駅舎リニューアル

 木次線沿いにある島根県奥出雲町は、自転車を使った観光というものを考えています。出雲三成を起点に三井野原まで列車に乗り、三井野原からは自転車で下る、スイッチバックとおろちループを体験することのできるコースを考えていて(自転車はトラックで三井野原までもっていくのでしょうか?)、すでに2013年秋には社会実験も行っています。

 そこで、列車から自転車に乗り換える駅となる三井野原駅がリニューアルされることとなりました。三井野原駅も奥出雲町内にあり、標高は727メートル、JR西日本の中では一番高いところにある駅です。駅周辺に民家が少ないため、1日平均の乗降客はたったの20人です。駅舎は1958年9月の開業時に建てられた、鉄骨平屋建ての、25.5平方メートルの建物です。新しい駅舎には駅舎機能のほか、木次線沿いの駅舎では初めてとなる、レンタサイクルの周遊スペースが設けられています。新しい駅舎は12月に開業する予定です。もっとも、そのころには雪が降り出すので、レンタサイクルが使えるのは来年のこととなるでしょうが。
(参考:山陰中央新報ホームページ http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=546527004、「鉄道ジャーナル」2014年4月号 鉄道ジャーナル社)

|

« 筑豊電鉄、地元支援で新車&JR直方駅付近まで延伸か? | Main | 北陸鉄道の「平日昼トク回数券」、7月1日からパワーアップ »

JR西日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/59866011

Listed below are links to weblogs that reference 木次線三井野原駅、駅舎リニューアル:

« 筑豊電鉄、地元支援で新車&JR直方駅付近まで延伸か? | Main | 北陸鉄道の「平日昼トク回数券」、7月1日からパワーアップ »