« JR西日本、近畿エリア、広島エリアに「路線記号」を導入 | Main | 岩手県等、山田線の三陸鉄道への移管をJR東日本と協議する方針 »

バス専用道を走る五新線のバス、9月で廃止へ

 もともと奈良県南部の山岳地帯を通って、五条と新宮を結ぶ国鉄線の計画がありました。五新線といわれるものです。このうち、五条側の五条-城戸-阪本間約22キロのみが阪本線として1936年に着工が決まり、1959年までに五条-城戸間約12キロの路盤がほぼ完成しました。

 ところがこの区間を鉄道として営業しても、赤字は確実視されていましたので、完成した路盤で城戸までバスを運行し、路盤が阪本まで完成した段階で鉄道にすることになりました。1965年から五条-城戸間でバスとして走り始めたのですが、城戸以南の工事は国鉄の経営悪化を受けて途中で凍結されました。

 この五新線のバスはもともと国鉄が運営していました。しかし、並行する国道が改良され、過疎化のため利用者が減少したため、2002年からは奈良交通が運行しています。平日は1日5往復、休日は1日1往復していましたが、専用道で最も新しい衣笠トンネルの状態が悪いことから、9月30日をもって専用道を閉鎖することにしたのです。10月からは並行する国道経由で同じ本数を運転します。

 なお、バス専用道を通るバスの廃止に伴い、バスツアーも設定されています。
(参考:レスポンスホームページ http://response.jp/article/2014/08/04/229240.html、http://response.jp/article/2014/09/03/231502.html)

|

« JR西日本、近畿エリア、広島エリアに「路線記号」を導入 | Main | 岩手県等、山田線の三陸鉄道への移管をJR東日本と協議する方針 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バス専用道を走る五新線のバス、9月で廃止へ:

» 【奈良交通】五新線の未成線を使用したバス路線は9月末で終了。ボンネットバスで専用道で走破するツアーも実施 [阪和線の沿線から]
かつて、奈良県五條市から十津川村を経由して和歌山県新宮市へ至る「五新線」という国鉄路線の計画がありました。 戦前から着工され、戦争による中断を経て途中の区間まで路盤ま ... [Read More]

Tracked on 2014.08.07 10:30 PM

« JR西日本、近畿エリア、広島エリアに「路線記号」を導入 | Main | 岩手県等、山田線の三陸鉄道への移管をJR東日本と協議する方針 »