« 大井川鐵道「きかんしゃトーマス」、好評につき運転日追加 | Main | 大阪市営地下鉄今里筋線等の延伸、新設に厳しい見かた »

クアラルンプール-シンガポール間高速鉄道、低コストで建設する提案

 以前、クアラルンプール-シンガポール間高速鉄道についての記事を書きましたが、新たな提案が出てきました。

 どこかはわかりませんが、マレーシア国内の企業グループが提案した内容によれば、それは既存の鉄道改良計画を活かすもの。現在、マレー鉄道はクアラルンプール-ジョホールバル間で電化、複線化事業を行っています。マレーシア政府が300億リンギットかけて行っている計画です。当然ながら既存の鉄道を使うので最高速度は時速160キロに抑えられ、クアラルンプール-シンガポール間の所要時間は高速鉄道計画の90分から伸びますが、それでも約2時間半で到達します。

 新たな提案では6両編成の電車を30本購入します。15億リンギットかかるようですが、それでも建設コストは120億リンギット程度となり、高速鉄道計画の400億リンギット(いつの間にか工費が増えているようです)の3割程度に抑えられます。
(参考:レスポンスホームページ http://response.jp/article/2014/08/26/230725.html)

|

« 大井川鐵道「きかんしゃトーマス」、好評につき運転日追加 | Main | 大阪市営地下鉄今里筋線等の延伸、新設に厳しい見かた »

鉄道」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クアラルンプール-シンガポール間高速鉄道、低コストで建設する提案:

« 大井川鐵道「きかんしゃトーマス」、好評につき運転日追加 | Main | 大阪市営地下鉄今里筋線等の延伸、新設に厳しい見かた »