« 北陸新幹線金沢開業は2015年3月14日 | Main | 北陸新幹線開業後もANAは羽田-小松線現状維持、伊丹-富山線は? »

アストラム延伸、2015年度に事業化するかどうかを判断

 広島の新交通システム、アストラムの延伸については以前に書きましたが、いくつかの候補のうち、現在の終点の広域公園前から西広島に向かうルートになりました。五月ヶ丘団地や石内東開発地を通る、7.1キロのルートです。65パーミルの急勾配があり、全線単線で、6駅できます。2030年に約15200人が利用するとみられ、建設費は570億円です。

 広島市は、そのアストラムの延伸について事業化するかどうかを2015年度中に判断するようです。広島市の財政に与える影響や、アストラムを運営する広島高速交通の経営に与える影響を検討します。もし、事業化を決断した場合は、開業まで少なくとも13年かかります。ということは、事業化を決断した場合でも開業は2030年ごろになるということです。財源や必要性の都合から、段階的に開業するということも考えているようです。
(参考:中国新聞4月23日朝刊、広島市ホームページ http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1385630312701/activesqr/common/other/53561382007.pdf)

|

« 北陸新幹線金沢開業は2015年3月14日 | Main | 北陸新幹線開業後もANAは羽田-小松線現状維持、伊丹-富山線は? »

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/60202375

Listed below are links to weblogs that reference アストラム延伸、2015年度に事業化するかどうかを判断:

« 北陸新幹線金沢開業は2015年3月14日 | Main | 北陸新幹線開業後もANAは羽田-小松線現状維持、伊丹-富山線は? »