« JR東海、東海道新幹線開業50周年で10月1日に記念クリアファイル進呈 | Main | JR東海、リニアの本格工事開始、年内は難しいとの見通し »

奇跡の一本松、10月1日から常設化へ

 東日本大震災の大津波に耐えた、陸前高田市の「奇跡の一本松」。この「奇跡の一本松」はその後枯れましたが、復興のシンボルとして化学的な処理をされ、残っています(そのときの旅行記はこちら)。

 その奇跡の一本松の近くをBRTが通っています。2013年7月からは臨時の駅が置かれ、2013年は11月まで、2014年は3月から停車しています。その奇跡の一本松ですが、周辺に観光物産施設ができ、客足が衰えないことから、10月1日から常設されることになりました。一年を通じて停車することになります。

 奇跡の一本松が常設化されても、ダイヤには影響はありません。しかし、運賃は変更されます。奇跡の一本松はこれまで営業キロの設定がなかったのですが(BRT化以後つくられた駅はいくつかありますが、奇跡の一本松以外は営業キロの設定があります)、常設化に伴い営業キロの設定がなされるのです。営業キロの設定は10月1日からです。

 奇跡の一本松のあたりは既存の鉄道から離れています。そこで、運賃計算上は陸前矢作-竹駒間にある駅とみなしています(ちなみに、隣の長部は上鹿折-陸前矢作間にある駅としています)。陸前矢作-奇跡の一本松間は2.9キロ、そして奇跡の一本松-竹駒間は0.1キロです。計算上は、すぐ目と鼻の先に次の駅があるということになります。

 これまで奇跡の一本松を発着する運賃については、外方の駅の営業キロを基に計算していましたが、独自の営業キロの設定により、一部の区間で安くなります。気仙沼-奇跡の一本松間、奇跡の一本松-盛間はそれぞれ410円、500円と変わりがありませんが、奇跡の一本松-陸前高田間は190円から140円に値下げされます。
(参考:JR東日本ホームページ盛岡支社 http://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1411708450_1.pdf、三陸経済新聞ホームページ http://sanriku.keizai.biz/headline/1065/)

|

« JR東海、東海道新幹線開業50周年で10月1日に記念クリアファイル進呈 | Main | JR東海、リニアの本格工事開始、年内は難しいとの見通し »

JR東日本」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/60384938

Listed below are links to weblogs that reference 奇跡の一本松、10月1日から常設化へ:

» 【JR東日本・大船渡線BRT】「奇跡の一本松」駅を常設化へ [阪和線の沿線から]
先日こちらの旅行記でもご紹介したように、「ブログ10周年記念旅行」の中で、大船渡線BRTに乗車してきました。 その際、臨時駅として設置された「奇跡の一本松」駅も通りました。 肝 ...... [Read More]

Tracked on 2014.10.03 at 11:14 PM

« JR東海、東海道新幹線開業50周年で10月1日に記念クリアファイル進呈 | Main | JR東海、リニアの本格工事開始、年内は難しいとの見通し »