« 新潟BRT、新潟市と新潟交通が細目協定締結 | Main | JR東日本、伊東線の中間4駅を無人化 »

熊本市電、定期券を10月からIC化&全線定期に

 熊本市電はこの春に「でんでんnimoca」を導入しましたが、定期券としては使えませんでした。紙の定期券のままでした。

 しかし、熊本市交通局は紙の定期券の発売を9月30日でやめ、10月1日からICカードに切り替えます。熊本市交通局総務課営業推進室または交通センター定期券発売窓口で発売します。値段は従来の紙の定期券と同額ですが、「でんでんnimoca」または「nimoca」を持っていない人は(定期券はこの2種類のICカードにしか搭載できません)、最初に定期券を購入するときに、デポジットとして500円を追加で請求されます。

 ICカード化と同時に、利用者にはうれしいサービスもあります。現在の熊本市電の定期は、乗車する区間を3区間(田崎橋-健軍町間、上熊本駅前-健軍町間、田崎橋-上熊本駅前間)に分け、そこしか乗車できませんでした。しかし、10月1日からは全線を自由に乗り降りできる「全線定期(区間フリー)」となります。値段は変わりません。紙の定期券を持っている人も、10月1日からは自動的に「全線定期(区間フリー)」となります。
(参考:熊本市交通局ホームページ http://www.kotsu-kumamoto.jp/Content/asp/topics/topics_detail.asp?PageID=2&ID=595&type=1)

|

« 新潟BRT、新潟市と新潟交通が細目協定締結 | Main | JR東日本、伊東線の中間4駅を無人化 »

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/60260906

Listed below are links to weblogs that reference 熊本市電、定期券を10月からIC化&全線定期に:

» 熊本市、2014(平成26)年10月1日から市電定期券のICカード「でんでんニモカ」へ切り替えの上で「全線定期(区間フリー)」へ変更 [kqtrain.net(京浜急行)]
 市電定期券が『全線定期(区間フリー)』のIC定期券に変わります!|交通局からのお知らせ(一覧) / 熊本市交通局ホームページ [Read More]

Tracked on 2014.09.14 at 07:37 AM

« 新潟BRT、新潟市と新潟交通が細目協定締結 | Main | JR東日本、伊東線の中間4駅を無人化 »