« えちぜん鉄道に新駅、福井鉄道の相互乗り入れ延期? | Main | 都心-羽田間に深夜・早朝バス »

JR西日本、207系をリニューアル

 JR京都線、JR神戸線、JR宝塚線、学研都市線等で走っている207系。103系等の置き換え及びJR東西線の開業に伴い必要となる車両を確保するため、1990年から2003年にかけて484両が製作されました。未だに103系が大阪環状線、阪和線などで走っているため、207系といえば新しい車両だと思われがちですが、実は初期に投入した車両はすでに新製から20年以上が経過しています。そこで、安全性向上対策やバリアフリー対応の充実などを目指したリニューアルを行います。運行開始から20年以上経過した約160両を対象に行います。

 安全性向上対策の面では、(1)客室内の安全性向上(座席の中間に縦の握り棒を新設することと、座席の中間に仕切りを新設すること。いずれもJR西日本初です。座席端部の袖仕切りも大型化します) (2)衝突時の安全対策の強化(側面衝突対策やオフセット衝突対策を実施します) (3)車両異常挙動検知装置の設置(脱線などの異常を検知したときには、自動的に緊急停止や列車防護を行います。列車防護は近隣の列車を止めることです) (4)先頭車間転落防止ホロの設置(先頭車同士が連結した際に、連結箇所への転落を防止するホロを取り付けます) が挙げられます。なお、7人掛けのロングシートは6人掛けとなります。バケットシートになります。

 省エネルギー化、安定輸送の面では、客室の照明にLEDを採用し省エネルギー化の推進に努めるとともに(約30%削減)、使用している電子機器の老朽化対策及び安定輸送のためにVVVFインバータ装置を更新しました。バリアフリー対応の面では、編成の両先頭車に車いすスペースを新設し、ドア開閉のときに注意を促す案内音声を新設します。

 リニューアルされた車両は、11月中旬から順次運用を行う予定です。
(参考:JR西日本ホームページ http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/09/page_6201.html、神戸新聞ホームページ http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201409/0007354776.shtml、http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201409/0007379097.shtml)

|

« えちぜん鉄道に新駅、福井鉄道の相互乗り入れ延期? | Main | 都心-羽田間に深夜・早朝バス »

JR西日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/60358909

Listed below are links to weblogs that reference JR西日本、207系をリニューアル:

» 【JR西日本】207系0代のリニューアルを発表 [阪和線の沿線から]
JR西日本の207系電車は、103系の置き換えやJR東西線開業による増備のため、平成2年度より製作が開始され、平成15年度までに合計484両が投入されてきました。 この度、初期に導入された20 ...... [Read More]

Tracked on 2014.09.25 at 10:53 PM

» JR西日本、207系通勤形電車をリニューアルへ [kqtrain.net(京浜急行)]
 207系通勤形電車をリニューアルします:JR西日本 [Read More]

Tracked on 2014.09.26 at 06:07 AM

« えちぜん鉄道に新駅、福井鉄道の相互乗り入れ延期? | Main | 都心-羽田間に深夜・早朝バス »